« 予算委員会2日目 | トップページ | 予算委員会3日目終了 »

2010年3月17日 (水)

書類作成

16日(火) 議会は休みになります。予算委員会の最終日に平成22年度一般会計予算の討論をするために討論書を作成しました。市税が約7億円も落ち込み200億円となりました。分かり易い数字ですがそんなものではないですね。もっと酷い落ち込みになるのかと思いましたが個人的には以外と少なかったというイメージです。経営者的な面から観ていたせいもあるのかもしれません。各種部門からみても落ち込みは酷く製造業では50数%の落ち込み保険業界では80数%の落ち込みとなったそうです。サービス業などは殆ど変わらなかったというデータをいただきました。このような方面からみていたせいか落ち込みがもっと酷くなると思ってしまったのでしょう。しかし市全体からみますとサラリーマン世帯が多く影響は少ないだろうとみた方が正確な判断だったのでしょう。そうみるとこの落ち込みは大きなものがありますね。また平成16年から18年に行われました三位一体改革によって交付金改革などによって大きな打撃を当市では受けたとよく聞くのですがどのくらいの影響を受けたのか調べてみましたら約15億4000万円位交付金が減ったことになるとの事です。そこにきてこの7億円ですから大打撃な事は確かですね。その中で平成22年度予算では投資的事業を削減したりして2年連続で財政調整基金(来年以降の貯金のようなもの)に積み立てが出来たことは評価するのもであります。全体的にみて税収が減った中で各所管に於きましては歳出の圧縮にご苦労されたことは評価に値すると思います。来年こそ来年こそと思っている事業もまた先送りをしなければならない事になってしまっているのでしょう。今年はとにかく最悪期だと思います。平成23年度からは少しは光が見えてくることでしょう。このような歳入の少ない年度に予算組みをされました全所管のご苦労を評価したいと思います。

民生費について書かせていただきますといいましたが後日に先送りします。予算が少ないからではありません。

|

« 予算委員会2日目 | トップページ | 予算委員会3日目終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195808/47832093

この記事へのトラックバック一覧です: 書類作成:

« 予算委員会2日目 | トップページ | 予算委員会3日目終了 »