« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

代表質問終了

28日代表質問がありました。3人以上の会派が質問できます。議会初日の市長の施政方針に対する質問を会派の代表が行います。自民党自治クラブ、公明党、民主ネット、共産党がそれぞれ20分程度の質問。ほとんど市長が1時間くらいづつ答弁します。市長の答弁時間は1日で3時間30分にも及びます。それだけでも大変だと思います。聴く方も結構大変です。メモを取るようにしていますが6ページにもなりました。16時30分に議会終了。

その後、3月3日に予算委員会、厚生委員会の発言通告書提出のため打ち合わせを行いました。

また、74歳の知り合いが脳血栓(手足動かず)で入院しているのですが介護、医療について担当所管に相談。障害者手帳を取られた方が良いですよとアドバイスをいただきました。特別扱いはする必用もないし勿論すべきでは無いが規則に準じた対応をしていただきたいと思います。でもその基礎も知らないので話を伺いました。入院してもう2年にもなるのですが障害手帳も知らないので手続きをしていませんでした。最近は安くなったとの事ですがついこの間まで月に10数万円の支払いをしていたとの事。今は月7万円くらいと安くなったと話していたが収入が全く無いため相談を持ち込みました。方法があるとの事ですので、次からは家族の方に行っていただこうと思います。やはり知らないと大変ですよね。分からないこと、困ったことは役所に相談すると良いですよ。窓口で丁寧に説明していただけます。ご利用ください。市民サービスの場なのですから。

今日は、打ち合わせに役所に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

代表質問

知っていますか「信じられますか」。27日の讀賣新聞の朝刊の一面に「日本の知力」に書かれていました。米国の天文学者1974年に暗号文を電波望遠鏡から送信した。たいして驚くことではない。しかし送った先が2万4000光年先の球状星団M13に住む地球外知的生命(存在は確認できないが)つまり宇宙人だ。1光年が1年だから2万4000年かかる。往復で4万8000年かかってしまう。私は生きていない。考える必用も無いのかもしれない。想像もつかない。子供のころ小学生低学年のころ人の体の構造を図で見て信じられなかった。自分の体はこうなっていないのではないかと思ったりもした事がある。知識が無いからである。宇宙には1000億の銀河があり、おのおの1000億の星(恒星)を持つと書かれている。気が遠くなるのか、分からない世界であるのでさっぱりしていて気持ちがいいのか分からない。天文学には興味が無いので(分からないから)星座すら分からない。でもこの分からない世界を覗くと自分が大きくなれるような気がする。4万年、5万年もの世界を相手にしていると自分が小さく見えて、この世界も小さく感じられるようになるかもしれない。些細なことで悩むことも無くなるかもしれない。今自分に出来る事、今与えられた仕事、役割を精一杯務めあげることが一番大切なことであると思う。多くの方の付託を受けて議員にさせていただいたのですからこれからも東村山市のまちづくりに全力を注ぎたいと思います。この大きな宇宙を想像するからこそ身の回りの細かいことが出来るようになるのかも知れませんね。手の付けようがないから身の回りのことをせざるを得ないと言えばそれまでですが。訳の分からない話はこれまでとして。

今日は、代表質問があります。終日となります。今日は発言する機会はありません。逆に少しホッとしています。最近は少し慣れましたが緊張するものですよ。今度、3月3日(月)の3時過ぎに一般質問をすると思います。時間の取れる方は傍聴に来てください。一般質問は、3日4日5日の3日間終日行われます。本庁舎5階にエレベーターで上がっていただき、議会事務局に申し出ていただければすぐにバッジを渡され傍聴出来ます。議会を見たことのない方は議会見学もいいですよ。時間が取れましたら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

議会初日

26日3月議会初日。9時20分に役所に行き9時40分からミニミニコンサート今回は民謡を披露していただきました。4曲歌っていただきましたが良かったですね。飲み屋さんでしか先生にはお会いしたことが無く歌を聴くのは初めてです。歌が終った後は休憩を取り、抹茶の接待を受けました。議会初日には毎回ミニミニコンサートと抹茶の接待そしてロビーに展示していただいています。今回の展示物は人形と絵がありましたが絵が何で描かれているか分からない。いずれにしても議会中はロビーも明るくなります。本庁舎5階です。職員の方もあまり来ることがない階です。職員の方も自由に気軽に来ていただけるような雰囲気を作らなくてはいけないですよね。努力します。

10時過ぎに議会再開議案が多いために大変です。                ☆東村山市役所全面禁煙に関する請願。否決。今まで通り分煙とした。      

☆空堀川の水量確保について請願。可決。                         

☆2人の市議会議員に対する辞職勧告を求める請願。否決。                       

☆市長より17件の議案が提出されました。条例変更など。全て可決。        

☆予算委員会委員長の互選が行われた。委員長鈴木忠文議員、副委員長島田久仁議員が選出された。                                                   

☆東村山駅西口公益施設買入れの一部変更。                                    

☆補正予算5件。可決。                                               

☆人権擁護委員の再任。                                          

☆市職員の不祥事に関する決議。                                             

☆道路特定財源の堅持を求める決議。以上。                                 終ったのが19時になりました。この後、18時30分から開かれている宴席に遅れて参加しました。21時に閉会。帰ってから犬の散歩。疲れました。明日からまた頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

ひげの隊長

お詫び、この間東村山市内に子供のラグビーチームが無いと書きましたが「東村山ラグビー少年団」という団体があり活動していました。訂正させていただきます。申し訳御座いませんでした。

昨日は、13時に役所に行き教育委員会で打ち合わせを行う予定でしたが出来ませんでした。13時30分に役所を出て三議連(自由民主党三多摩議員連絡協議会)の総会、研修会に参加。立川の立川グランドホテルで行われた。講師の都合で研修会が先に行われた。講師は、参議院議員の佐藤正久氏でした。誰だと思われますが、イラクに民生支援に行った自衛隊の「ひげの隊長」です。こう書くとすぐに分かりますね。講師が若干遅れましたので研修会も遅れましたが(5~6分程度)到着と共にそのまま演壇に上がっていただき講師紹介、講演となりました。久々に良い講演を聞かせていただきました。誰も居眠りをしている方はいませんでした。一時間でしたがすごく短く感じました。そもそも一時間の講演は短いかなと思いますが。演題を書きそこないました。演題は『国際社会における責務と日本の防衛』です。講師は防衛大学出身で自衛隊で幹部としての道を歩んでこられた方です。講演依頼は多いということでこの後は大宮の方に行かれるとの事でした。私も以前から「ひげの隊長」の講演を聴きたい、聴いた、講演を依頼したが日程が合わないという話を聞いていた。私も初めて講演を聞かせていただきました。日本、経済大国から支援に来てくれる。大きな期待の元で現地入り、政治家から行けと命令を受けて隊を率いていくが現地を知らずしては何も出来ない。イラクなどでは暑いので太陽は敵である。だから国旗などには星、月などはあるが太陽はない。日本の国旗とは違う。日本の住宅の条件は南向き、日当たりが重視されるがイラクでは北向き、地下室が好まれる。日中は60度を越える中での作業となる。焚き火の熱風の中で作業をしているようなものである。鉄板の上でたまご焼きを作ろうとしたがこれは出来なかった。しかしインド洋上に給油活動に送られている自衛隊の艦隊は洋上の甲板の上という条件であるので70度は越えている。洋上という条件もあり湿度も高く不快指数などは100を越えるだろう。その中で長袖、長ズボンで連続4時間も作業をする。大変な作業である。しかし国民の理解はどのくらい得られているのか。憲法違反だとか、意味がないとか、不必要だとか言われて出て行っている指揮を高めるのが大変である。ま、講演の内容をほんの一部書かせていただきましたが実際に民生支援といっても現場を知らずしては何も出来ない。ですから現場重視、現場主義となる。まず何をするにも現場を理解せずには方向がつかめない、いくら頑張っても方向性を失っていたら何の役にも立たないのである。確かにそれは言えていると思う。長くなってしまいましたが現場の指揮を高める、どんな悪条件の中でも、危険な現場でも作業が出来るのは愛国心である。守るものは守る。守らなくてはならないものは守るという愛国心であると最後にしめくった。日本人の「心」を守りたいと話されていました。

今日は、3月議会初日です。9時過ぎに登庁します。議案がたくさんありますので17時には終らないでしょう。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

有意義な休みでした

昨日は、会の集金も出来ましたし予定していたことはほぼ出来ましたので少し満足かな。体力つくり、スポーツクラブの方向性も見えてきましたし一安心。午後、小学生のラグビー部の立ち上げの打ち合わせ、スポーツクラブ会員募集の新聞折込を3月初旬に計画し、その紙面で同時募集することとした。東村山市には小学生のラグビーのチームが無いために立ち上げには多少の不安がある(会員が集まるのか?)。しかし熱意でどこまで出来るのか楽しみである。真剣に取り組む人が3~4人いれば結構な事が出来ると確信している。後は根気である。代表の方と打ち合わせを数回させていただいていますが手ごたえを感じる。人に頼らない姿勢と開拓精神を感じる。これは多分スポーツの種目、ラグビーという種目から来ていると感じる。心技体という言葉があるがそのものを感じ取れる。また一つ楽しみが増えた喜びを感じます。この後体力つくり、ダンス連盟の打ち合わせを行い一日が終わりました。終了時間22時。

明日は、3月議会初日であります。議会の始まる前に9時30分からミニミニコンサートを東村山市文化協会が企画してくれているのですが、今回は知り合いの民謡の先生が民謡を披露してくれますので楽しみです。多分少し緊張しているのでしょう、何度と無く26日行きますからね、と念を押している。早めに行って話をして少しでも緊張を解そうと思います。明日は議案がたくさんありますので終日忙しいと思います。そんな前日に三議連(自由民主党三多摩議員連絡協議会)の総会が15時から立川グランドホテルであります。研修会も兼ねていますので19時までです。研修会の演題は「今後の政局について」講師は分かりません。話の上手な人が良いなと思います。眠くならないから。午後一番で役所に行き打ち合わせを済ませ会場に向おうと考えています。東村山市にもこのようなホテルが一つあれば良いのになといつも思うが利用する人があまりいないかな。今日は、勉強して来ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

ボランティア

24日日曜日、6時起床少しゆっくりと寝た感じだ。昨日は子供のラグビー団体設立についての話を聞かせていただいた。時間がなく忙しいふりをして1時間余しか時間が取れず申し訳ないことをしてしまった。また再度今日、打ち合わせをしたいと思う。代表が子供のスポーツに対する考え方が私と同じなので嬉しく思う。子供のスポーツに対する考え方は私の場合は、青年会議所時代のわんぱく相撲の影響を大きく受けている。勝つ喜び、負ける悔しさ、相手を思いやる心これが基礎で子供の社会教育の一環としてスポーツを取り入れる事を進めている。結論、やはり多くの友達と交わり子供なりの社会性を持たせないといけないと思うからです。そのためには家庭教育とは別物であるので親も少しは子供のために少し無理をして少し背伸びをして子供と付き合っていただきたい。ただでも子供といる時間が少なくなってきている時代なのですから。これを話すと切りが無いのでやめます。勝手な持論でした。

19時から諏訪神社の協力委員会、神社には5名の総代がいて対内、対外的な仕事をボランティアで行っている。ご苦労様です。としかいえない。何かあると苦情を言われるのが常である。昨日は、総代の任期満了に伴う選挙の会議であった。5名の選挙管理委員を選任しその中から選挙管理委員長を選出し3月8日(土)に開票を行うこととした。

最近の子供たちは、阪神淡路大震災の後からなのだろうかボランティアに感心を持ってくれるようになった。諏訪町体力つくりでは20年前から運動会のボランティアを中学生に依頼し用具、入退場、審判などを手伝っていただいている。このことは他の体力つくりにも広まってきた。良い傾向だと思う。最近ではボランティア手帳を持ち学校でもボランティア教育を推進しているようだ、また高校進学でも参考にするところもあると聞いている。この子供たちが30代40代になるのが楽しみである。ボランティアに対する考え方が私たちの時代と違うと思うからです。ボランティアだからそんなに出来ないとか、ボランティアなのだからそこまですることないとか、ボランティアなのだからあまりすること無いと考えられているからです。神社を始めボランティア団体は数限りなくあります。この考え方で行けば団体が全て中途半端な、いい加減な活動になってしまう。やはりやるからにはしっかりとやりたいものである。私も団体の責任者をいくつか務めさせているが何かあった時、事故が起きたときには責任問題となることでしょう。割りに合わない感じがするが、しかし誰かがやらなくてはならないし、皆さんに推薦されたからには今まで以上に盛り上げたいと思うのは誰もが同じである。ボランティアに子供の時から参加し教育を受けた子供たちが私たちといっしょに活動できる日を楽しみにしたいと思います。その子供たちの指示で活動したいと夢を見ています。楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

今日の予定

昨日の讀賣新聞の朝刊に「こたか」さんが掲載されました。気軽に楽しく本格中華と銘打ってお店の紹介がされている。郵便局本局(ヨーカ堂横)信号を駅から来て左150m右。分かるかな。記者の取材を見ていたがさすがに記者であるなと感心する。多くの取材をしコンパクトに分かり易くまとめている。22日の讀賣新聞の30面をご覧ください。

昨夜、友達のお母さんのお通夜がありました。青年会議所、商工会、自民党といろいろなところでごいっしょさせていただいています。故人がテネシーワルツが好きだったという事で曲が流されていた。83歳と言うことですがなかなかしゃれた曲をこのんだなと思いました。祭壇は明るい花がいいと話されていたと言うことでランを主にした明るいイメージであった。

久々に出会う友達もいましたので一度自宅に着替えに帰りその後飲みに行きました。久しぶりでしたので話がはずみ23時を過ぎてしまいました。昨日は飲まないでいようと思っていたのにな。

今日は打ち合わせが一つあります。午後様子を見てダンスなどをしてみたいと思います。夜19時から神社の協力委員の会合があります。

集金がたくさんあります。今日少しでもしておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

議員10ヶ月

議員の仕事を初めて10ヶ月が経とうとしていますが、大変な事は役所全般について勉強しなくてはならないこと。多分役所の職員の方は、基本的なことくらい勉強して来いよなと思われるでしょうね。でも条例ですとか法令ですとか難しいんだ、また複雑で用語も行政用語という言葉があるくらいですから特殊だ。日本語なのですがね。担当職員が皆、頭が良いなと思える。また聞きに行くと初対面の職員は構えてしまう方もいる。出来るだけ多くの職員と久しく話せるようにしたいと思います。初対面の市民の方よりも初対面の議員は煙たいのでしょうね。私は、初めて見たとき、話しをするまでは怖い人だと思っていたと話される事がある。納得出来る。反省して人当たりの良いようにしようと思う。怖いと思われたら議員の致命傷ですよね。しかし逆に楽しいことこれは市民の方から一つのことをして感謝、喜ばれることです。2時間以上怒鳴られてもその後のフォローをすれば180度変わる。ですから通常のことでしたら小さな事でも感謝され喜ばれる。たとえば今までにもしていたようなことでもこの立場ですると喜ばれることがある。たとえば雪の日に大変そうだから車で近所の人を送っていった事がある。議員になる前もそのくらいの事はしていた。しかし今、同じことをすると送っていただいたと人に話す。とんでもないところの人からこの間雪の日に送ってくれたんですってといわれる。なぜそんなこと知っているのだろうと思う。そのくらい感謝される。諏訪町にコミュニティーバスが通り、3月から工事が始まる。このことに関しても皆さんに喜んでいただいている。これがあるからまた次の事をやろうと活力が沸いてくるのでしょうね。やはり議員は、楽しいですね。後は勉強して全てに精通するようになりたいですね。その影に職員の努力と協力があることを胸に刻み込んで活動したいと思います。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

26日から議会です

20日、13時30分より後期高齢者医療制度の勉強会。東京都から2名の担当者に来ていただき説明を受けました。15時過ぎまで受けました。内容につきましては市報の2月15日号に掲載されています。分かり易く噛み砕いて説明されていますのでご覧ください。

3月議会の準備のため打ち合わせに保健福祉部に行きましたが課長が出張中のため明日電話するとの事で終ってしまった。通告書(質問書)の提出は21日(今日)ですので焦っています。

予算委員会、議案の通告書も書かなくてはならないので少しこのところ忙しい思いをしています。

26日からの議会に備え準備に追われていますが、質問する側ですのでまだ気が楽です。質問される側は大変だろうと思う。委員会は勿論、議会も一言一言全て記録に残され書類となって後日配布される。何年の議会の答弁ではと話されてしまう。しかも自分がそのとき担当ではなくとも担当所管としての回答ですから、私は知りませんとか、そう思いませんとかはいえない。民間企業に勤めたことがありますが、部長が変われば方針も変わる。前はそうであっても私はこうやりたいでそっくり変わってしまう。勿論ある程度は経営陣の中で打ち合わせされてのことでしょうが。そもそも民間企業には、部長以上はそう大勢はいない常務、専務、社長くらいで時々会長、顧問がいるがくらいであるがこの辺は口だしをしないだろう。なにしろ議員がいないから楽だと思う。勿論野党などはいない。初めての予算委員会、予算議会が始まります。楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

勉強会(保健福祉部)

昨日は、一般質問の通告書(質問内容を予め提出し調査していただく書類)の提出日でした。私の一般質問は、3月3日午後3時過ぎに順番が回ってくると思います。一人20分の質問時間を頂いています。私は8番目となりますのでこの時間当たりだと思います。今回は、「都市計画道路について」質問させていただきます。これだけ便利そうにみえる東京ですが道路事情を紐解くと全国の道路延長は約118万kmそのうち東京はと言うと24,100kmで全国比で言うとたった2%です。人口は全国の10%の人が東京に集中している。車は全国の6%と多い。ご周知の通りその中でも多摩地区は道路整備は遅れています。このようなデータのもとで質問させていただこうと思います。

13時より勉強会をしていただきました。加藤、熊木両議員と私3人です。今回は保健福祉部です。高齢介護、障害者、保育、生活保護等々について勉強をさせていただきました。ほとんど全ての面で驚きと考えを新たにさせていただきました。比較的理解し易いのが保育、生活保護しかし上辺を聞いただけですので奥は深い事は理解できます。介護、障害者については、今まであまりに違う世界にいましたので勉強が必要なのと条例、法令が複雑な部署であるので分かりにくい。あらためて役所の窓口業務の大変さも理解したところです。因みに生活保護の申請、新規相談だけでも年間650件近くあるそうです。実働日数で計算すると3件/1日になります。この対応だけで大変だと思います。困ってこられるのですから親身になって相談にのっていただいているのでしょう。ご苦労様です。職員の皆さんが働き易い、生きがいの持てる職場にしていくサポートを何か出来たらと思います。大きな成果は各担当とパイプがつながった事です。今後もいろいろと勉強していきたいと思います。保健福祉部には、4時間も勉強させていただき有難く思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

寝坊しました

久々に寝ぼうしました。おきたのは6時30分です。いつもより1時間30分遅い時間です。どんなことがあっても5時前には起きるのに。昨日飲み過ぎたのかな。

昨日、10時より特別委員会が開催されました。学校給食の民間委託について。今小学校15校ありますが8校が民間委託されていますが7校は東村山市直営です。市の職員が作っています。コストがかかり過ぎるために民間委託を検討しています。しかしただ訳も無く残しているのではなく、しっかりとした政策の下に残しているために問題となっています。慎重審議していきたいと思います。

3月議会に行う一般質問の通告書を提出する予定でしたがもう一度確認し今日提出します。

18時30分からお祝いの会がありました。二人の突然の来客があり会に遅れてしまいました。断りきれない方の突然の訪問にどのように対処するか、今後の課題です。

この間、「洗剤と地球温暖化について」というテーマで化学物質過敏症の方からメールをいただきました。30ページ以上にものぼる文章です。苦労されているのですね。知らず知らずのうちに化学物質に犯されてしまった。とのことです。何か自分の身の回りも危なくなってきています。このことに関しては後日書かせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

コミュニティーバス、子供ラグビー

17日、9時から諏訪町体力つくりのグラウンドゴルフ部の町内大会、化成小学校のグラウンドが使えない(この時期特に雪が降るとグラウンドがぬかって仕方がないのですね)ために体育館で行われました。ボールがいつもと違い回りがごつごつしていていつものボールのようには転がらない難しさがありました。しかし体育館の中に8ホール作りましたのでいつもより距離が短いためかホールインワンがたくさんでました。3ラウンド、24ホールの大会で多い人で4個のホールインワン、ほとんどの方がホールインワンを出されていました。大会が終り13時から懇親会。集計も最近はパソコンを広報部が持ち込み即座に成績発表が出来るシステムとなっていて進んだなと思いました。ついこの間、数年前までは手計算であったために時間がかかりまたミスも時たまあり順位が変更になったりもしました。便利になったものです。

10時より諏訪町、久米川町ルートのコミュニティーバスの発車式が市役所で行われました。久米川幼稚園の園児による歌、演奏が最後にありましたので両親や孫の演奏を見るためにお年寄りを始め大勢の方に集まっていただきました。市長の挨拶、来賓の挨拶があり式典は無事終了。その後今回購入した新型バス2台で久米川町ルートを試運転しました。1号車に乗せていただき久米川町ルートを回りました。新型バスは低底でフラットになっているために天井が高くゆったりとしたイメージであります。定員は35名だったかな、座席は乗客席11席(運転席を除く)です。待望のバスです。ご利用ください。諏訪町ルートは東村山駅西口が出来るまでは暫定ルートとなりますのでご了解ください。諏訪神社、化成小学校はルートから今回外れています。今後多くのルートが出来る事に期待しています。

14時頃から一時間くらい小学生を対象としたラグビー部を設立したいという熱意を持った市民の方より相談がありましたので打ち合わせをさせていただきました。話を聞くと大学は違うのですが、高校は私の行った学校の付属高校であったのでなぜか親しみを感じるものがあります。子供の社会教育の場としてスポーツに親しみこころを精神を養う、良く私が書きますが勝つ喜び、負ける悔しさ、そして相手を思いやる心が大切であると思います。このような自然体の教育が今求められていると思います。募集要項等が決り次第また書かせていただきます。出来る限り協力し青少年の健全育成につなげたいと思います。

16時から体力つくり打ち合わせ、19時30分から知り合いのご母堂様が亡くなられましたのでお通夜に参列。確認したのですが19時30分との事。同じお寺さんが昨日は同じ式場で2つのお通夜をしたからとの事。この時期はお寺さんも忙しいのですね。あまり良くない傾向です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

多くの方と話す機会をいただきました

昨日、体力つくり関連で11時から15時30分くらいまで使いました。時間が経つのは早いものであっという間の4時間半でした。16時から前教育長小町氏を囲む会がモンベールで開かれました。社会教育について参加者から話を聞くことが出来勉強になりました。東村山の社会教育の成り立ちから話を聞けました。勿論体力つくりの出来る過程なども聞かせていただき勉強になりました。最後までいられなかったことが悔いが残ります。申し訳御座いませんでした。

18時から前市長細渕氏の叙勲を祝う会の関連の会合がありました。多くの方と話が出来勉強させていただきました。またエネルギーを頂きました。こんなにも多くの方が東村山に大きな熱意を持ち将来展望を夢を期待しているのかと思うと嬉しくてたまりませんでした。皆さんの意見を集約し東村山の未来を切り開いていきたいと思います。

上記2つの会に参加できたことは大きな意義のあることでした。時間が無制限にあれば良いのにと思いました。企画、準備をされた皆さんに感謝し、誘っていただきましたことにお礼申し上げます。ありがとう御座いました。そしてご苦労様でした。

今日、市役所駐車場で10時から諏訪町、久米川町ルートのコミュニティーバスの出発式があります。今日から運行されます。多くの方に利用いただきたいと考えます。宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

自民党総会

昨日は朝早くから東村山自民党総支部の総会で草津温泉に行きました。バス5台で200名を越える参加者。バスの中で細かく総会資料が説明され総会に望みました。全てのバスで同じように説明されたために総会はスムーズに終了しました。到着が30分以上遅れてしまったために全てが30分遅れでありました。諏訪町からは40名の参加でバス1台で地元の方だけでした。他の地域との交流はありませんでしたが地元の方だけでまとまってそれはそれで良かったのかなと思いました。自民党の集まりは支持者が多くどこでもいつでも挨拶をしてくれますしありがたいなと思います。全ての人の名前を覚えたいのですがなかなか覚えられないのが失礼だと思います。しかし話ははずみますし笑顔で話が出来るのが素晴らしいことだと思います。年い1度の総会ですので今後共に続けていただきたいと思います。

今日は、16時から前教育長を囲む会が開かれます。18時からは前市長細渕氏の叙勲を祝う会の時の役員の集まりがあります。

今日は、一般質問の締め切りが19日正午であるために一般質問の書類を完成させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

熱意

13日、臨時議会終了後前副市長からの勉強会を加藤議員、熊木議員、私の新人3人でしていただきました。関係所管の勉強会はその部、課の仕事内容が主でありますが前副市長からは議員に対する考え方やあり方を勉強させていただきました。東村山市の事については事細かくご存知だという言い方をしますとお叱りを受けてしまいますが、東村山の生き字引といわれる所以が分かるような気がします。市政に対する熱意、夢と現実を全て分かっての指導を有難く感じるところです。いつでも来てくださいとおしゃられましたのでまたお伺いしたいと思います。今後に関しては教えていただけることは貪欲に教えていただきたいと思っています。また今後の前副市長からの勉強会のあり方も考えて行きたいと思っています。私たちだけ勉強するのはもったいない様な気がするのです。多くの方に伝えたいと考えるからです。先ほど熱意という表現をしましたがどこかで同じものを感じたと思っていましたら前市長の細渕さんの時も同じ熱意を持って話されました。そのことを思い出しました。私から見るとオーラさえ感じるところであります。今後東村山市、市政に更なる熱意をもって活動することを誓った勉強会でした。

14日、府中の芸術劇場で市議会議員研修会が行われました。草の根と当日協議会(公務)に出席の方を除いて全員の出席でした。大学の教授からの勉強会でしたがやはり前日の現場で40年以上実務をとられた副市長のほうが説得力がありました。

今日は、東村山自民党総支部の総会です。群馬県草津温泉で行われます。新人が議長を務める慣わしですので議長をさせていただこうと思っています。なるべく早く総会を終らせ懇親会をしたいと思っています。対象が支援者の方々ですので緊張します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

横領を受けての臨時議会

12日、「あきつの園」にお伺いし実情を見てまいりました。昨日の続きになります。最後に「あきつの園」をお伺いしたのですが、時間的に16時近くとなってしまい作業所は掃除の時間となり作業を見ることが出来ませんでした。この施設は、糸のこの機械やボール盤などがあり前の2つの施設とは障害の程度が軽い方が通っています。作品を拝見させていただきましたが良く出来ていると思うほどでした。正福寺で11月3日に毎年行われている地蔵まつりのお地蔵さんはここで作られていました。作業所を視察してどの作業所の職員も「障害者を特別な目で見るのではなく一人の人間として同じ人間として見ていただきたい」という気持ちであるということが分かりました。今後も理解を深めていきたいと思います。

昨日は、不祥事、窓口の公金をを市民部職員が横領した事件を受けて臨時議会が開かれた。市民、職員、議員共に大きなショックを受けた事件である。事件を起こした本人はどう思っているのか、議会で事情聴取したいくらいである。チェックが甘かったといえば一言で終ってしまいますが、今後これを教訓にチェック体制をしっかりとし、何よりもチェックをしなくとも良い職員の更なる資質の向上、綱紀粛正を図っていただきたい。今後の対策に大きな期待をするところです。処分については多くの職員が処分されました。市長が減給30%3ヶ月、収入役、市民部役職者も相応の処分を受けました。細かくは書きません。横領金額は、総額7,544,550円です。変換すれば良いという問題ではないが変換済みです。後はこの間の利息分を計算し請求するところです。市民の皆さんにはご迷惑、ご心配をおかけいたし申し訳御座いませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

障害者施設

昨日は、障害者の会社会福祉法人「山鳩会」について勉強させていただきました。13時30分に「通所訓練第三山鳩の家」にお伺いし実情を聞き現場を視察させていただきました。障害の程度は、2度の方がほとんどで会話が出来ない一方的に話している段階である。大きな声で一方的に話しているにぎやかな(通り越しているかな)訓練所であります。少しショックを受けました。このような重度の障害者の施設は市内に2箇所だけだという。午前中の活動として毎日歩行訓練がある。木曜日を除く毎日、曜日により外出先を決めて歩行訓練を行っている。中央公園、航空公園等で、雨の日も室内のある場所で行われている。木曜日は地域回収としてリヤカーで地域を回り廃品回収をおこなっている。この廃品回収も活動資金の重要な資金源であるとのこと。午後の活動として音楽、図工、手芸などが金曜日を除く毎日行われている。図工、手芸が出来るのはほんの数人らしい。金曜日は地域清掃の日になっている。毎日の訓練として乗車訓練(毎日送迎しています)、歩行訓練、給食訓練、歯磨き指導、排泄誘導、着替え介助(ほとんど着替えも出来ない)が行われている。

次に「愛の園実習室」にお伺いしました。定員は36名である。先ほどの第三の後でしたので少しホッとしました。作業が出来る段階の皆さんが集まり作業を黙々としていました。ハガキの宛名張り、手さげの紙袋に取っ手をつけたり、底紙を入れたりの作業をしていました。その個人の仕事の程度により月の報酬が決まっているとのこと。もちろん出勤日数も加味される。出勤率は非常に良い。社会福祉センターをお借りしている状態でありますので先行きに不安があることは隠せない。障害者自律支援法の実施に伴い経営がどのようになるのか今後お互いに意見交換をしていきたいと考えています。

次に「あきつの園」にお伺いしました。大分細かい仕事が出来る施設になっています。明日書きます。

今日は、不祥事に対する臨時議会が開かれます。終日です。終了後、勉強会を行います。勉強会は前副市長が講師でありますので市政全般に渡っての講義になります。楽しみにしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

予定がいっぱい

昨日は書類つくりに時間をかけました。大分出来ましたが、未完成。

夕方、知らなくて告別式に行けなかった方(遠い親戚)の自宅にお線香をあげに行きました。冬場はやはり多いですね。

今週は、予定がめじろ押しに入っています。12日午後「山鳩の家」の勉強会。身障者の作業所のために重要視しています。13日終日不祥事のための臨時議会。議会終了後、前副市長による勉強会、懇親会。14日午後議員研修会が府中で行われます。15日東村山自民党総支部総会が群馬県の草津温泉で行われます。終日となります。総会の議長を指名されています。個人の予定も入るために忙しい週になると思います。

新年会が完全に終了しました。ホッとしています。飲むのも良いが毎日のようにあると太りますよね。飲むと食べないのですが、アルコールの糖分で太るのではないかな。ここ2週間走っていません。運動不足です。運動は体に良い事は分かっているのですが寒いとなかなかおっくうになってしまいますね。また復活したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

あゆみの会

さすがに立春過ぎあれだけ降った雪がすぐに解けました。子どもには残念かもしれませんが大人には大歓迎ですよね。春を感じます。

午前中は、書類を読んでいました。午後1時30分から東村山市あゆみの会(肢体不自由児者父母の会)が主催しました講演会に参加しました。演題「地域でよりよく暮らすための生活支援」~地域の中の医療的ケア~が東村山市民センターで開催されました。最初に医療的ケアの課題の歴史的経過を話され自宅ではなく「学校における医療的ケア」「自律への位置づけ」「医療的ケアの必用な人たちの地域生活の現状は・・・」「在宅生活を可能にするために、求められている支援とは・・・」等の内容の講演会でした。小3保護者の手記です「私が疲労や病気などで横になっているとき、娘の元気な顔を見て、(学校に行けなくてごめんね。)と心の中で何度も謝ります。学校に行きたいと願う娘の気持ちに応えられないのが、とても情けなく悔しいです。」が紹介されました。お母さんに全てがかかっていることがよく分かります。この講演会に参加して自宅に閉じこもりにみえる肢体不自由児の両親がこのような会を通してお互いに勇気付けられ、自律の方法を勉強していくのは素晴らしいことだと思いました。また次回参加します。明日「山鳩の家」身体障害者の作業所をお伺いし勉強させていただきます。障害者に対する理解を深めたいと思います。

16時から地元で打ち合わせ。19時30分から東村山シニアリーグの出陣式。来週から春季大会が始まります。選手にそこそこの手応えを感じているのでいいところまでいけるとの監督の挨拶にホッとしました。頑張っていただかなくては。子どもを出汁に親の飲み会と言った感があるが大勢の親が応援に行ってくれる事でしょう。9日に練習をしシートをグラウンドに敷いておいたためにこの雪でグラウンドが使えなくなることは無かったとのこと。しかし10日はグラウンド整備に時間をかけ11日(今日)の柏崎(新潟県、姉妹都市)シニアリーグとの試合に備えたとのこと。柏崎は、海岸沿いはあまり雪が振らないが東村山に比べれば練習中止の時が多いのでしょう。毎年この時期に遠征に来てくれるとのこと。姉妹都市でありますので親睦にも人肌脱いでいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

取材

昨日は、あいにくの雪になってしまいました。大分積もりました。しばらくまた寒い日が続くのでしょうね。朝7時から9時までの工場の中を見て回りました。大きな工場のような書き方ですが確認作業をしましたので時間がかかりました。その後は書類を見る時間が出来たので嬉しかった。夕方、後援会長の自宅にお伺いし後援会活動の打ち合わせを行いました。後援会の活動は、ほぼ決めているのですが内容について打ち合わせを行いました。後援会活動は、皆さんに参加いただけないと意味がない。お金を払ってまで参加いただくにはそれなりの企画を練らなくてはならないと思います。これから企画を練ろうと思います。団体、会は、お互いに「同じ釜の飯を食った仲」と表現されることがありますがお互いに苦労を共にすることにより良い思いでとなり、結束力が強くなると考えています。そのためには苦労を共にする、してくれる人を掴まなければならない。お陰さまで仲間には恵まれていますのでお願いしようと思います。楽しい企画が出来れば良いのですが。

18時から知り合いの中華料理屋さん「こたか」本町、鷹の道、郵便局本局東村山高校寄り、分かるかな、にお伺いしました。讀賣新聞の店長と讀賣新聞の記者と私そして取材相手は、オーナー、店長に立ち会っていただきました。「こたか」名前の由来を聞きましたらお父さんの名前が小山髙?(忘れました)さんでしたので名前の小と高を取り「こたか」としたとのこと。東村山の活性化に少しでも役立てばという思いでお店を開店したとのこと。昭和53年の開店です。今も東村山駅西口の開発に熱意を持ち真剣に取り組んでいます。この地域の自治会長を長くされていましたし、東村山生まれ、東村山育ちの方ですから我町まち東村山に対する思いは人一倍あります。話はそれましたが目的は、お店の取材でお店、料理を讀賣新聞の本誌で紹介されます。新聞に掲載されるのは2月22日予定です。ご覧ください。よく取材には立ち会うのですが(今回が5回目です)お店の自慢料理が4、5点だされ写真を撮った後頂くのですが自慢料理だけにおいしいです。取材は勿論記者がしますが、食べた感触は味はどう表現しますかと聞かれるくらいで、しかし明快な答えが出せないのが実際のところです。がやがや騒いでいるうちに記事にしてくれます。お酒を飲みながらですからいいですね。また次の機会にも誘っていただこうと思っています。良い役目ですよね。

今日は、やはり書類に目を通そうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

まだ、また新年会

8日、連日の新年会、特に7日帰ったのが深夜2時であったために二日酔い気味。率先して2次会にいくタイプではないので行くのが辛い物がある。でも行ってしまうんですね。いっしょに飲みたい人がいると行ってしまうのですね。

9日、17時30分より研修会。清瀬、東久留米、東村山の自民党市議会議員とこの選挙区の国会、都会議員が集まり団体(企業ではない)のトップから講演を受け新年会を行った。因みに昨日の新年会のお店と同じである。料理は、あんきもがほたるいかに変わっただけで後は同じであった。細かくチェックしたわけでも無いが2日同じ店に行くとチェックしなくとも分かる。メンバーは7名が昨日といっしょであった。今日は、新年会はありませんが呼び出されるのが怖いです。

20時30分に会が終りましたのでその後2地区青少対の地域懇談会が第二中学校で行われていましたので遅れて参加。終りの挨拶の時になってしまいました。しかし10分くらいは参加できました。音楽室で委員長を始め役員の方と講師をされたスクールカウンセラーの方そして多くの父母が集まり話し合いが行われたのではないかな?。大勢いらっしゃいました。最後しか参加できなかったので進行が分からない。第二地区青少対は、9日スケートハイクを行います。西武園遊園地のスケートリンクです。八国山を歩き現地に行きます。200名からの参加者があるとのこと朝8時に集合し行くとのことですが天気が心配です。夕方早めに帰るとのことです。

市民の方から質問を受けました。夫婦二人で働き厚生年金を二人で納め夫が亡くなり夫の年金が遺族年金として60%いただけるそうである。しかし自分の年金は夫の遺族年金をもらうと支給されなくなる。どちらかを(夫の遺族年金か、自分の年金か)選んで支給を受けなければならないとのこと。2重には当然に受けられないのである。生きているのは一人であるから仕方がないと言えばそれまでのこと。自分で積んできた年金を諦めるのが悔しいのでしょう。理解できるような気がする。どのように説明するのか役所で聞いてみます。

3連休、やりたいことがたくさんあります。頑張って片付けようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

もう少しで新年会が終ります

昨日は、ロータリークラブで卓話をしました。時間が10分程度しか取れなく話す内容を話しながら削除していきました。追加するのは簡単ですが削除するのは難しいですね。話したいことを削除すると内容が伝わらない部分が出てくるのではないかと思いました。貴重な時間を私のために頂けた事に感謝申し上げます。

午後、役所に行き書類をいろいろと受け取り一部の説明を聞きました。資料を読んでまた分からないところを確認しようと思います。

近所の方に依頼され道路の課税について調べました。都市整備部道路交通課です。私も同じですが私有地を道路として提供し皆さんに使っていただいているのですが、もしかしたらこの道路分固定資産税等の課税がされているのではないかとのこと。確かに皆さんのためと思い私有地を道路として提供して税金まで払っていたのではたまらないですよね。調べましたら分筆されていて課税はされていませんでした。もう少し調べてみようと思います。

会派の新年会を昨夜行いました。会派と聞いていましたので5分前に会場入りしましたが、会場について驚きました。大勢参加されていました。私の認識不足です。会場に着いたとたんに「しまった」と思いました。まあ、時間前に着いたからいいかと楽観的に考え新年会に臨みました。2時間と言った短い時間でしたが懇親は深まったと思います。

今日は、夕方から新年会が二つあります。また青少対の地域懇談会もあります。3つは出られないのでどれかキャンセルしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

お世話になりました

6日、前市長細渕氏の叙勲を祝う会に出席。国会議員を始め都の官僚、東村山市の多くの方がお祝いに参加されました。私のように出席するだけの人は気楽ですがここまで企画し実際に実行委員として進めてきた方々に敬意を表します。間違いのゆるされないお祝いの会だけに相当のプレッシャーがあったと思います。ご苦労様でした。ありがとう御座いました。素晴らしい式典でした。

5日の会派の会合に参加できなかったために内容をを確認するために今日午後に役所に行き出席された方に教えていただこうと思います。大事な会合だったために申し訳なく思います。今日の夜にまた会派の集まりがありますので再度確認したいと思っています。

今日ロータリークラブの例会で私のために15分から20分程度の時間をつくってくれました。貴重な時間を頂きましたので有効に使わせていただきたいと思います。何を話させていただくか真剣に原稿をこれからつくりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

鹿害

5日、昨日書きましたが新島に行きました。行きは20人乗りの飛行機で帰りは10人乗りの飛行機。セスナに乗った事があったのですがそのときふわふわ揺れて気持ちが悪くなったため不安でしたが今回は少し大きかったため大丈夫でした。着いたら迎えに来ていただいていましたのですぐに自宅に、読経をあげ火葬場へ、火葬の間、不謹慎ですが島内観光をさせていただきました。やはり海がきれいでした。空から見たときに海が流れているのが見えました。これが黒潮かと感動を覚えました。ですから流れているのできれいなわけです。今度釣りにでも行きたいなと思っています。新島からは大島、式根島、八丈島、神津島などが目の前に見え勿論伊豆半島なども見えました。近くの無人島に鹿を放し飼いにしたら海を渡って本島に来てしまい繁殖しどのくらいいるか検討がつかないとのこと。農作物などに被害が広がり罠で年間200~300頭くらい捕獲しているがどんどん増えているとのこと。鹿を使って何か産業が興せるのではないかと笑い話。話はそれましたが午後無事に帰宅。5日にあった打ち合わせはキャンセルさせていただきました。午前中は役所で、午後は自民党の拡大役員会でした。申し訳御座いませんでした。

帰宅したら訃報が入っていました。同級生が亡くなり18時からお通夜だということ。一息入れて出かけました。一日中、仏の日でした。良く清めておきました。ご冥福をお祈り申し上げます。

今日は、前市長細渕一男氏の叙勲のお祝いがあります。バスの添乗の仕事をいただいていますので早めに行き段取りをしようと思います。宜しくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

新島に行きます

2月4日立春。もう暦上は春。しかし前日の雪で冬化粧のままです。やはり春は3月からでしょうか。朝一番で友人より母が無くなったとの連絡あり。享年91歳です。もうこの歳になるとお祝いという方もいらっしゃいますが、人が亡くなることはやはり寂しいもので家族にとってはやはり悲しいものです。漆原カメ様のご冥福をお祈り申し上げます。5日お通夜、6日告別式です。しかし式場が東京都の新島村です。6日は予定が入っていますので5日に日帰りしなければなりません。調布飛行場からの飛行機便を手配。運よく取れました。日に2便くらいしかなく8時30分の飛行機で飛び、12時の飛行機で帰ってきます。葬儀は地方によって大分異なりますが新島では5日朝9時30分から火葬しその日の19時30分からお通夜です。お通夜の翌日、火葬し骨葬というのは川越市などもそうですから珍しくないと思うのですがお通夜の前に火葬するのは初めてです。9時過ぎに現地に着きますので火葬に参列しすぐ戻ります。

昨日は、16時から20区議連の研修会、新年会が東大和のビックボックスで開催されました。1時間以上に渡る木原代議士による講演は分かり易く興味をそそるものでした。話の上手な方の講演は眠くならない、話し方、題材、相手を見て話し方を変えているのでしょう。話すときには自分中心に話してしまいますが相手を観て話を変えていくのだろうなと感心しました。相手が感心を持たない話をしてもつまらないし眠くなるだけです。勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

いのちとこころの教育週間

3日、節分、10時から節分会に参加。あいにくの雪で出足が大分遅れましたが30~40分遅れくらいで多くの方が集まりました。袋に入った豆とみかんを室内で撒いたのですが豆もみかんも人がいるところには投げにくいものですね。手を上げている人に一人ひとりにキャッチボールをするような形でほぼ平等に渡しました。こんな難しいとは思いませんでした。

13時30分から~心豊かな、子どもの成長を願う~「市民の集い」 -「いのちの大切さ」や「人を思いやるこころ」を培うためにー と題し「東村山市いのちとこころの教育週間」のメイン事業とも言える講演会が行われた。足元が悪い中中央公民館が殆ど満席になるくらいの人が集まってくれました。講師は相田一人氏(故相田みつお氏の長男) 演題は「いのちの詩・こころの詩」でした。思い出に残る講演会でした。パンフレットに「子供へ1首 どのような道を どのように歩くとも いのちいっぱいに生きればいいぞ みつお」と詩が書かれていた。このような詩がいくつか紹介されその詩の深い意味、みつお氏の生い立ち、考えの根本的な基本となっているところなどが話された。まず書体であるが独特な書体で描かれている。ご存知の方がいるかも知れませんが相田みつお氏は書家だったのですね。私は知りませんでした。味のある心のこもった字はどのように描かれたのだろうかといつも不思議に思っていました。私などは楷書でもきれいに書けないのに、その詩に合った字を書いている。素晴らしいと思っていました。書家でもあったといわれ納得できました。また一つの詩が出来ても何千枚もの作品を書きその中の一枚を残すそうである。やはり苦労された作品なのである。また相田みつお氏の生い立ちであるがやはり苦労した人で人生経験が豊かな方なのです。この人生経験が奥深い 味のある 意味深い作品となるのですね。納得できます。私は、親から「苦労は買ってでもしろ」といわれていました。なかなか出来ないことです。人はやはり苦労をしないとなかなか大きく育たないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

学区域

市内の市立小中学校は、学区を越えて自由に選べると思っていましたがそう簡単にはいかないことが分かりました。以前に学区は関係なく希望を出せば自由に学校が選べるようになったという噂を聞き信じていました。確かに化成小学校の児童の中には学区外から通学している子どもがいます。しかしそれは化成小学校区域に以前住んでいて入学、その後学区外に転居し小学校はそのままの子どもである。確かに考えてみれば自由に学校が選べるようになると偏りが生じてしまう。人気のある学校に多く通うようになりバランスが取れなくなってしまうので仕方がないことであります。しかし全く学区外には行かせないという事ではありません。「いじめ」があることが認められれば教育委員会で調査し認められれば学区外に通学できます。しかし「いじめ」が証明されないと難しい。現在通っている学校でいじめを認め受け入れる小学校があれば認められます。このようなことを書くと人間関係が少しギクシャクしただけでも相手を転校させろという親が出れくるのでしょうね。それは認められません。また家庭の事情などによっても学区外通学が可能となることがあります。悩んでいる方がいましたら電話ででも教育委員会に相談されると良いと思います。先にも書きましたが役所は市民サービスの場ですから悩みがあったら相談してください。離婚相談まで来るそうです。

今日は、朝走ろうと思っていたのですが外を見たら雪です。諦めました。今日は節分です。10時に、立正佼成会の節分会のご案内をいただきましたので参加します。1時30分から中央公民館で「東村山市いのちとこころの教育週間」の一環として相田一人氏(相田みつお美術館館長)の講演と東村山市立小中学校の教育実践に関する事例発表。東村山市立中学校生徒会による発表・全員合唱が行われますので参加します。その後ダンス連盟の皆さんとの懇親会を行います。今日は雪ですので足元にお気をつけください。2,3日大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

不祥事

1日、16時に役所より電話があり不祥事が発覚いたしました、FAXをご覧下さいとのこと。内容は、電話で聞き、FAXで確認した。市民部市民課で横領があったとの事。しかも金額が755万円近くである。なぜ半年間にも渡ってしまったのか。帳簿と金額を合わせ操作していたのだろう。あの銀行などでも不祥事が発生しているのだから防ぐのは難しいのかも知れない。しかし他で起きた事件は、対岸の火事ではなく対策をなっていなければならなかったのでは、と思う。しかも以前にも東村山市役所では同じような横領があった。この時の対策が活かされなかったのだろうか。返金すれば良いというものでも無いが横領された金額は全て返却された。後は、この間の利息計算をしているところである。以前もう25年も前になるが友達が警察官になりたてで派出所勤務であったころ警察官が殺人事件を起こしてしまった。警察官が全て犯罪者のような目で見られたことがあった。派出所からあまり出ないように、国民を刺激しないようにと上司から話されたとの事。全ての警察官が事件を起こした訳でもないのに同じ目で見られてしまう。というようなことを話していたのを思い出した。一人の職員が横領したのだが職員全てが同じ目で見られてしまう。苦情、メール、手紙いろいろと市民から問い合わせがあることでしょうが再びこのような事件を起こさないように徹底した調査、対策を練りたいと思います。このために2月13日に臨時議会が開かれます。

中国製餃子の中毒について、なぜメーカーは全面撤退するということを言わないのだろうか。回収はするものの今後も続けるとの回答である。安ければ良いと明言しているとしか思えない。ファミリーレストランなどでも中国製品は使いません。と明言するところはない。安ければいいやと思っている人はいないと思う。中毒になられた方は今後どうなるのだろうか。元の体には戻らないのだろう。後遺症が出るのだろうか。また、いつ出るか分からないだろう。日本人はおとなしい人種である。もし逆の立場だったらどうだろうか。多分、中国では日本製品の不買運動、日本バッシング、デモ等で抗議運動がどうせ起きるのだろう。日本でも不買運動を個人個人がすべきであると思う。企業が改めないのならば買わなければ良い。これでもだめなら輸入する企業の不買運動も必要であると思う。マスコミも何を考えているのか分からない。期限切れの商品、期限を改竄したと大騒ぎをしておいて今回はさほど騒がない。毒が入っているんですよ。所詮マスコミはこの程度だと思う。中国を敵に回すのが怖いのでしょう。でも国民を敵に回す方がもっと怖いと思います。独り言でした。これだけ書くとスッキリしました。野菜も中国産で無く、みんなで東村山産の野菜を食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

厚生委員会

昨日厚生委員会が10時から開かれた。始めの1時間以上を休憩とし「障害者自律支援法による福祉・医療・舗装具などの利用料に軽減措置を求める請願」の請願人と作業所の代表が請願説明、実情を話された。大変な事は理解が出来た。「障害者自律支援法」が完全な法律とは思わない、ですから意見書として東村山市議会からも国や東京都に書類を提出している。しかし法律が完全でないからすぐに東村山市が何らかの上乗せをしろ。と言うのはまた別でどのようなことが出来るのか検討くらいはすべきかなとは思う。勉強させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »