« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

11月晦日

28日の農業視察。東京花マット。何かと思いましたが、網の箱の中でポインセチア等の観賞植物を栽培しイベント等には並べるだけでセッティングが出来、撤去も置くだけだからすぐ出来る。かごの中で土が落ちないようになっているために逆さずりも出来るといった優れものです。イベント会場に並べてもレイアウトの変更がすぐ出来るし何より撤去が簡単だと言うことが気に入りました。果樹園、秋津の志木街道のビックサム手前の果樹園です。キウイフルーツが若干残っていましたが梨、葡萄、林檎はさすがにありませんでした。もう梨の葉も落ち枝だけになっていました。肥やしを埋める穴が掘ってありました。年間を通しての作業であるとの事。梨の木の剪定作業を来春?するのでしょうが、今年伸びた枝がたくさんありました。剪定は1日1本程度であるとの事。剪定一つにしても大変な作業であると思います。来シーズンには、ここで果物を買ってみたいと思います。東村山市の農業生産高は、東京26市の中で5位だそうです。東村山の基幹産業です。これからも緑の保護、何よりも地場産業として守って生きたい産業です。

昨日は、講談師の講演、講談を聴く機会がありました。落語家は、全国に400名いますが講談師は70名しかいませんとのこと。沖縄のヤンバルクイナより貴重価値がありますと話されていました。この時期は季節物で「討ち入り」、夏は「怪談」が定番であるとの事。短い時間でしたが楽しませていただきました。

今日は会派の会議が午前中にありますので出席します。12月議会を控えて忙しい時期です。明日から師走どうしましょう。と言った感じです。今年は、1年がとにかく早く感じました。気がつくと大晦日になっていることでしょう。お互いに風邪をひかないように頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

農業視察

28日、東村山市農業者クラブ管内視察研修会参加。テーマ「見つめてみよう東村山農業」。秋津町農家5箇所視察。1) 秋津チロリン村;農とみどりの体験パーク 2)長嶋要一さん;露地野菜視察 3)新井高次さん;花卉(かき)ハウス 4)中嶋英雄さん;東京花マット視察 5)小山哉さん;果樹園視察以上です。チロリン村につきましては、名前、場所は承知していましたが行ったのは初めてです。村長さん(経営者)からこの村を作られたいきさつを聞き視察に入りました。市報で村民を募集し年間を通して農業体験が出来るとか、参加者に聞きました。サトイモと八つ頭の区別がつかなかったのですが理解できました。進歩。大根も何種類か栽培していましたが練馬たくあん大根(たくあん用大根)があることを初めて知りました。細めの大根でした。次に露地野菜視察。東村山にもこんなに広い農地があるのだと思いました。200m位の直線に何作ものサツマイモの栽培をしていました。耕すのは機械ですが、芋の苗を植えるのは手作業でしょうから大変だと実感しました。その点稲作のように田植え機のようなのものがあれば良いのにと思いました。収穫も楽しみであり大変でしょうが穴蔵に保管するとのことですがこれが入る穴蔵とはどんな穴蔵なんだろうか。想像できない。次に花卉ハウス。この花卉に振り仮名をふりましたが読めませんでした。シクラメンを中心とした花の温室栽培を行っていました。燃料費が高いので大変だと思います。年間最大で80万鉢出荷したことがあるとの事。一年365日で計算すると日に2200個になる。休みを考慮するとデイリィ―3000個近くの出荷となる。仮に2ヶ月で製品化されるとしても13万個の鉢を管理しなくてはならない計算になる。シクラメンなどは、年間を通しての栽培でしょうからどうなるのでしょうか。分からない。大変なことだけは理解できる。あと2箇所については明日書くこととする。17時から視察報告会同級生もいるので楽しかったです。

その後、8時から遅れて商工会の講演会に参加。西武信用金庫、落合氏の講演であった。後で資料を読むこととする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

農業経営者の視察研修会参加

27日、一般質問の締め切り12時で締め切られました。青色防犯街路灯、観光係の2本を質問いたします。関係所管にはお世話になります。良い方向でご検討願います。一つ終るとほっとします。これからが各所管は大変なことと思います。

友達の病気について、検診の結果「再検査」の要請があるも再検査せず、家族にも黙っている状態。家族に話すように言っても聞く耳もたず。心配を掛けまいと言うやさしさからなのだろう。しかしやさしさで済まされないこともある。私も選挙に立候補するときに家族に話せず苦労した思いがある。家族に迷惑をかけるからである。このとき、私の友達が女房に話を出したことをきっかけに家族に話しすぐに協力をしてくれた。友達に感謝した思いがあった。そんなことから私から友達の奥さんに話をした。話したら絶交すると言われていたので覚悟は決めていた。すぐに友達と奥さんと二人で病院に行き検査を行ったとの連絡が入りホッとした。二人とも喜んでお礼を言ってくれたので一安心。今度は、精密検査を今度受けるとのことです。何もなければよいのですが。

今日28日は、午後1時30分から東村山市管内農業経営者の視察研修会に参加します。秋津チロリン村、小俣嘉氏直売所視察、長嶋要一氏露地野菜、新井高次氏ハウス、小山哉氏果樹園を視察します。東村山市の農業について勉強してきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

一般質問書類提出

昨日は、10時30分から会派の会議に出席しました。内容につきましては、いつも触れませんが公表できるのか出来ないのか判断が今だつかないので割愛させていただいています。一般質問に関する打ち合わせを担当所管とさせていただきました。午後、質問内容の細部をつくり、夕方再度所管と打ち合わせを行いました。今晩、再度書類内容を吟味し27日に提出いたします。

一般質問内容については、後日詳しく書きますが、1、青色防犯街路灯についてであります。イギリスのグラスコーで街路灯を青色に変えたところその副次効果として犯罪が激減したとの事。科学的には立証されていないのですが、奈良県がいち早く導入をし、広島県、静岡県と広まっています。東京では足立区が採用しているとのことです。現行の街路灯がそのまま使え電球も値段が同じく位とのことです。犯罪が起きている場所、不審者が出没する場所に採用したらどうかと言う質問です。2、観光について、東村山駅西口、久米川駅北口、下宅部遺跡の縄文体験館の工事が進められていますがこれらを利用して東村山の「豊な自然」、うどんに代表される「食文化」、正福寺の国宝千体地蔵堂に代表される「歴史と文化」まだまだたくさんありますがこれらをリンクさせ観光に力を入れるべきではないでしょうか。そのために観光の専門の係を行政内部につくる必要があるのではないか。との2本だての質問となっています。細かくは後日書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

釣り連盟市民大会見学

昨日は、釣り連盟の大会会場に遊びに行きました。天気に恵まれ温かく(私が行ったのが9時ごろだったせいか)絶好の釣り日和でした。しばらく見ていたのですが邪魔になってはいけないと思い失礼させていただきました。成果はそれぞれだったみたいです。

その後、12月議会の一般質問の締め切りが27日午前中のために書類を作成しました。お昼は、友達に誘われ武蔵村山のうどんを食べに行ったのですが柔らか過ぎた、子どもの頃から腰があるうどん、うどんは腰がなくてはと言う言葉を聞きながら育ったもので何か物足りなかった感じがします。そのお店の特徴だったのかも知れませんが、一概に武蔵村山のうどんは柔らかいと判断するとお叱りを受けますので止めます。その後体力つくりの打ち合わせに参加。

その後、青少対第二地区の標語看板のことについて打ち合わせを行いました。

今日、26日は10時30分から会派の会議を行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

自民党支部総会

昨日のブログの「諏訪町、久米川町ルートの運行が1月からが2月中過ぎになる」とのことでしたがコミュニティバスのことです。昨晩主語がないことに気づきました。

昨日午前中、12月議会の一般質問の作成と自民党諏訪町支部の総会の打ち合わせで午前中が終わりました。午後、野口町の緑地の件で現地の方と話し合いを持ちましたが、和やかな雰囲気の内に話し合いが終わりました。当初の話し合いが2時間も頭ごなしに苦情を話されたところなので良くここまで和やかに話せるようになったのか不思議なくらいです。ここで落葉の時期を迎えていますので現状を見に行ったのですがまだ落葉していませんでした。落葉したときに写真でも撮りに行こうかと思います。

昨晩は、自民党の諏訪町支部の総会が行われました。東村山市の自民党総支部長倉林氏、渡部市長、木原代議士、清水代議士秘書も参加しての開催となりました。18時30分から総会が行われました。私の役割は19年度予算案の発表でした。最終お開きになったのが22時と懇親が深まりました。それぞれ来賓の皆さんにしっかりと宿題、依頼をし調整していただくことで了解を得られたので私にとっては有意義な時間となりました。市議会議員では、どうにもならない部分、国の都の管轄分野には手が出せませんので依頼となりました。

ある方からお隣のトイレが汲み取りなので臭いがするのでどうにかなりませんかと依頼されました。アパートのトイレでした。東村山でもまだ100近い汲み取りがあります。殆どが貸家、アパートと言うことです。その方は、生まれ育ったのが農家であったために豚がいたりしましたから臭いには慣れていましたが最近は、まちの生活に慣れたためか臭いに敏感になったとのことでした。このことに関しては、申し訳御座いませんが調整は勘弁していただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

昨日の行事

ふれあい運動会の開会式に参加。スポーツセンター第一体育室にて開催されましたが、多くの方の参加が得られました。60歳以上の方の運動会です。スポーツを通していつまでも丈夫でいていただきたいと思います。東村山市の65歳以上の年配者人口が東京62区市町村で清瀬市に継ぐ2位だそうです。人口比率が20%を越えたとの事です。東村山市が住み易く、良い環境であることの証だと思います。寝たきり0を目指し皆さんで頑張りましょう。

子どもまつりに参加。朝8時から貨物車を持ち込み机の運搬、設営の手伝いをさせていただきました。9時20分頃から10時までふれあい運動会のため中断させていただき10時過ぎに復帰、10時30分開会。わたあめ担当でした。皆さん初めての方が多かったために、わたあめがうまくまとまらず苦戦していました。そこで経験のあった私が得意になってつくりました。作り方をすぐにコピーされしかも私より上手になりました。若い人は覚えが早いですね。14時30分に終了。後片付けご懇親会。16時ごろには終了しました。

来年1月から運行予定の諏訪町、久米川町ルートですが2月の中旬以降に変更になりました。停留所の認可の問題であるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

子どもまつり、ふれあい運動会

昨日は、ロータリークラブの例会に出席。その後、役所に行きましたが議員は、誰も居らず、珍しいことです。議会事務局も少なかった。職員の研修との事。ダニエル・カーンさんが来て環境についての講演をしてくれているとの事。15時から個人的な打ち合わせを行い。19時30分からは、来年の市民運動会開催に伴う第一回検討会議がスポーツセンターで開催されましたので出席。来年の市民運動会は、平成20年10月12日(日)に決定しました。予備日は、翌13日(祝、体育の日)です。どこの町の体力つくりも人数を集めるのに四苦八苦していますのでいろいろな意見が出されました。「止めた方が良い」と言う意見はまったくなく、前向きな意見を出されていました。この時期は、丁度学校が2学期制になっていますので1学期と2学期の変わり目で秋休みになっているときです。こども、大人共に集めにくい時なのですが皆さんの了解を得られ日程が決まりました。ライフスタイルが多様化し趣味、娯楽、旅行、スポーツといろいろ忙しい中で運動会と昔ながらの事業を行っていますが、地域の結束、コミュニケーションの形成には、非常に役立っています。引っ越して来たばかりでも運動会に参加すればすぐに仲間入りです。また他町との横の繋がりも当然出来ます。所管には、大変な思いをさせますが、是非とも今後共に続けていただきたい事業です。

今日は、9時30分からスポーツセンターで第19回ふれあい運動会が開催されます。10時30分からは、第二中学校で青少年対策第二地区委員会の「子どもまつり」が開催されます。両方とも参加します。遊びに来てください。ふれあい運動会は、開会式のみ参加となります。その後は、終日子どもまつりのお手伝いをさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

多摩地域

20日の研修会ほ報告。多摩地域について。多摩地域の特性、多摩地域の人口406万人これは都道府県ランキングにすると10位になる。9位が福岡県で505万人10位が静岡県379万人であるから比べれば10位のランクである。事業所数は、約12万所で東京都の製造品出荷額の5割強を示している。事業所数でのランクは、新潟県が13位で128万所、茨城県が14位で123万1千所、多摩地区は、123万8千所で14位の茨城県の上である。多摩地域の製造品出荷額の6割が、電気機械、情報通信機械、輸送用機械が占めている。輸送用機械;21,7% 情報通信機械;16,9% 電子・デバイス;14,6% 電気機械;11,9%である。また全国有数の大学集積地で62の大学(短大含む)が立地している。これは全国ランキングで言うと1位東京都190大学(多摩地区含む)、2位大阪府94大学、3位愛知県77大学、4位兵庫県62大学、多摩地域は4位の兵庫県と同率4位に位置する。このような特性を持つ多摩地域に「多摩シリコンバレー」を形成しようと言う東京都の狙いがある。先端基礎研究の集積地である「つくば」まで圏央道が開通すれば八王子~つくば;3,5時間が1,5時間に短縮される。つくばエクスプレス秋葉原~つくば;85分が45分に短縮された。青梅~羽田空港間を110分~70分に短縮する計画があるがこれはどのような交通手段か分からないが計画はある。多分鉄道だと思う。「つくば」についてはこの後書くことにして、このように東京都は、多摩地域に力を入れ始めたことは確かなことであると思う。しかしこれに対応できる都市整備を東村山市もしていかなくてはならない状況にあると思う。遅れをとれば他市との差が明らかになっていくこととなる。東村山西口、久米川駅北口、市役所東側の開発をいち早く完成させ道路整備を早く完成させ、昭和36年からある府中街道のバイパス(22m道路)に着手すべきであると思う。東村山市には、これからも大きな期待と夢が持てるまちであると思います。

「つくば」について、国が管理する先端基礎研究機関が集積している。1、産業技術総合研究所;約2500名の研究者を擁する、鉱工業の科学技術に関する研究機関がある。2、物質・材料研究機構;物質・材料に関する基礎研究等を行う文部科学省所管の研究機関がある。3、宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター;人口衛星の開発機関がある。4、高エネルギー加速器研究機構;高エネルギー加速器による研究等を行う文科省直轄機関がある。5、筑波大学;筑波研究学園都市の中核大学がある。等、国の技術の中枢である。

東京都の産業振興の方向性;1、産学公連携により一層の推進;首都大学東京や多摩産業支援拠点内に新設する産学公連携センターにより、都域を越えた産学公連携を促進し、ビジネスチャンスを飛躍的に高める。2、製品開発・技術開発の促進;高度化する技術支援、経営支援ニーズに対応できる産業支援体制を整備し、エレクトロニクス分野等、先端技術を活用した製品開発・技術開発を促進する。3、創業の促進、ベンチャー企業への支援;創業支援施設、開発・試作用のレンタルラボなどの施設を充実させ、創業の促進、ベンチャー企業の創出を図る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

研修会参加

昨日、自由民主党三多摩議員連絡協議会の研修会が山梨県の石和温泉で開催されました。11時に東村山を出発して12時30分には石和温泉に着きました。何と1時間30分です。スピードを出した訳でもないのですが、入間から圏央道に入り石和勝沼インターです。圏央道の開通で時間短縮になりました。研修内容 1、「都の財源をめぐる国の動き等について」 内容、現在の地方財政の困窮は、国がバブル経済崩壊のツケを地方に押し付けた結果である。としA ,バブル経済崩壊後の公共事業の増加が招いた借金の返済が、現在の地方財政を圧迫している。B,国は三位一体改革に名を借りて、3年間で5,1兆円もの地方交付税を削減し、地方から財源を奪ってきた。C,「国庫補助負担金改革」による税源移譲を行ったといっても、結局は地方の財源が1兆円も削減されたうえ、地方の権限拡大にはつながらなかった。と言うものであった。2、「脳卒中から身を守る」脳卒中の症状 A,急に頭が痛くなる。B,意識がなくなる。C,手足が動かなくなる。D,足がもつれて動かない。E,言葉がうまく出ない、ろれつが回らない。F,片目が見えなくなったり、見える範囲が狭くなる、ものが二重に見える。G,回転性のめまいがおこる。脳卒中の予防。a、高血圧、糖尿病を直す。b、不整脈の受診。c、たばこを止める。d、アルコールは控えめに。e、コレステロールに気をつける。f、塩分、脂肪控えめに。g、適度な運動。h、肥満に注意。I、脳卒中の疑いはすぐ病院に。 3、「多摩の産業振興について」です。多摩の産業振興については、明日書きます。研修会が終了後ようがありましたので失礼し帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

学校給食

19日、10時から党派の会合を行い、午後1時から特別委員会がありました。特別委員会は、まず最初に審議に入ったのは、小学校給食についてでした。15小学校の8校が民間委託されていて7校が東村山市直営です。民間委託小学校、回田、大袋、久米川、東萩山、北山、秋津東、久米川東、富士見各小学校です。直営は、化成、秋津、八坂、萩山、南台、青葉、野火止各小学校です。民間委託された方が経費が安くあがるので全て民間委託してしまえば良いのにと私は単純に思いましたがそんなものではないのですね。7地域構想とかがありそれにそっているとか。これは7児童館構想と同じだと思いました。調べてみたいと思います。災害の時の非常時を見据えての直営システムだと理解しました。安ければそれの方が良いと思う私の考えではだめなのですね。しかし契約方法、システムを変えれば出来るのかなとも思います。いずれにしても市内児童数7882名の給食ですから皆さんと一緒に真剣に審議したいと思います。

諏訪町で11日に事故が起きました。丁字路の突き当たりの食堂に居眠り運転の車が突っ込んだのです。ガードレールをなぎ倒し、車がお店に全て入ってしまったそうです。経営者が怪我をしてしまったそうですが、この場所は事故が多い。足を轢かれたとか腰にぶつかったとか良くある。交差点が単純なのでまさかと思っているうちに足の上を車が通り骨折したとかである。歩行者は、まさか車が足の上を通らないだろうと思うし、運転手は、足を轢くようなことはない、どかすだろうと双方が思っているうちに轢いてしまう。単純な事故ともいえない笑い話です。しかし骨を折ってしまって2ヶ月も入院されると大きな事故になってしまいます。専門家にこの交差点の改良を依頼しました。12月早々に役所と警察で現場を見て検証していただくことになりました。大きな期待をしています。

上記に関してですが皆さん保険について理解してないと思うのですが、火災保険で事故の対応をしてくれる場合があるのですよ。私も工場の壁面にいたずら書きをされ友達の保険屋に調べていただいたのですが、火災保険で直していただきました。商店の場合、保険勧誘員が親切な方だったら同時に加入してくれます。店舗の修理費、営業保証がされます。特約方式になっていると思います。商店等を経営されている方、また気になる方は、火災保険の契約を確認されたほうがいいですよ。自分では、分からないので保険屋に相談するのが一番です。事故はない方がいいですけど防げる事故もあると思いますお互いに気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

行財政改革調査特別委員会開催

17日夜、入山アキ子歌謡ショーに行きました。先輩が入山アキ子さんの後援会の東京支部長とやらを任されているために東村山市で歌謡ショーが行われました。栄町にある小さなカラオケ専門店であったが80名を越える大勢の方が集まり盛況でした。実りのある歌謡ショーでした。17日夜は、大学の同窓会(大学主催)があったのですがキャンセルしての参加となりました。女房と一緒の参加でした。大勢の方にお会いでき、またその後の懇親会でもいろいろな方とお話できたのが楽しかった。30分くらい顔をだして帰るつもりでしたが3時間くらいいたのではないかなと思います。時間も覚えていない。入山アキ子さんは、3年前に防衛医大の看護士さんの職を辞しての歌手変更だそうです。前職を続ければ間違いなくポストが保障されているのでしょうがそれを辞しての挑戦ですので頑張っていただきたい。

18日、地元の西宿会の日帰り旅行に参加しました。終日です。この会は、お花見、日帰り旅行がメインの行事ですが、結束力は高いものがある。地元の方が多く参加していてまた年会費1000円と言うのも入り易い、会員は80名を超える。いざと言うときに諏訪町の活動部隊となるものと思われる。10年くらい経つのかも知れないが、放火が近隣で多かったことがある。その時にこの会が率先して毎日夜回りをした。そのかいあってか諏訪町には放火がなかった実績を持っている。このように活動できる団体は数少ないので大切にしていきたい。またどこの町にもあると思うがこのような団体がないところは立ち上げて欲しい。全て自治会任せでは心細い。自治会、役所にも協力できるシステムを確立しておく事も大切である。日帰り旅行は、朝7時30分に徳蔵寺前を出発、最終参加者は35名。役員さんにお世話になりました。石和温泉に行きましたが、その手前の場外馬券売り場で90分くらい遊んでからの宴会場入りでした。適当な番号を並べての馬券買いでした。100円づついくつか買ったが終わっても勝ったか負けたかも分からないので教えていただきましたがそんな状態ですのでだめですね。やはり新聞くらいは見て買わないといけないですね。遊びだからいいのかなと思う。この後、宴会場でずいぶん飲んだ記憶がある。日本酒を飲んだので帰りはおとなしく寝ていました。

今日は、私が委員となった特別委員会の第一回会合が開催されます。1時からで行財政改革調査特別委員会です。詳細はまだ聞いていません。楽しみです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

中学生に大きな期待

17日午前中は、知り合いの自宅を訪問し役所のシステム等を勉強させていただきました。後日の予定を調整していただき再度じっくりと勉強させていただくことで日程調整をさせていただきました。

午後1時30分から中央公民館で開催されました青少年健全育成大会に参加させていただきました。中学生の主張大会では、13名の中学生が1400名以上の作品の中から選び抜かれた作文を披露しました。1年生が多かったのが印象的でした。1年生と3年生では、年の考えの差がありますから学年、氏名を伏せての審査だったそうですが1年生が多かった。とても半年前までランドセルを背負っていたとは考えられない作品である。いくら多くの中から選らばれたにしても出来すぎである。私が中学生の頃と比べても仕方がないことであるが比べようもない。考え方がしっかりしている。大人とパネルディスカッション等対等に話し合いが出来るのではないかと思う。この作品は、後日公表されるそうですが是非一読していただきたい。友達のお嬢さんが発表者の一人にいました。クラリネットを部活のクラブで吹いているらしい。大会の時に緊張してお腹が痛くなったらしい。中学生らしい可愛らしさがある。しかし仲間の顔を見たら直ったそうである。見ると友達の目がみんな輝いていた。演奏は、心でするものである。と先生に教えていただいた。大会中の事は、よく覚えていないが、心で演奏することに専念した。優勝できた。みんなの目が輝いていた。心で演奏すると言うことが初めて理解できた。友達に感謝している。との内容である。本文があればそのまま掲載したいのだが、粗筋だけになって申し訳なく思います。また東村山リトルシニア(私が会長をさせていただいている中学生の硬式野球チーム)のメンバーがやはり出ていた。一郎のファンらしい。体が大きくないのにあのように活躍できる事に感動しているらしい。小学校の1年生の時から野球を始めたらしい。体の大きい友達は有利である。バッティングでも大きな差がつく。打球が遠くまで飛んでいく。悔しいので手に豆を作っても素振りを欠かさないくらい練習をした。体が小さいがいづれは大きくなると思って練習をしている。必ずプロ野球の選手になる。との強い意志である。感動を覚えた作品でした。13名全てを紹介したいのですが知り合いのだけとする。皆さんの作品を聞いていて将来が楽しみである。この子たちが大人になり社会を動かすようになれば素晴らしい東村山が社会が出来る作れる事でしょう。楽しみだ。期待できる。今は、私たちが全力を尽くしこの子たちの時代につなぐ義務を背負っている。恥じないようにお互いに頑張りましょう。家庭、学校、社会教育の成果が現れてきているような気がします。また絵画の表彰と善行者の表彰も同時に行われました。善行者は25歳以下でその分野で功績のあった方に贈られた。ガールスカウト、お囃子、青少対のヤングリーダー等に贈られた。文化、後継者育成にご尽力いただいた方たちであった。

時間がなくなりましたのでここで失礼します。今日は、地元の西宿会の日帰り旅行で石和に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

青少年健全育成大会

北山小学校の30周年式典及び祝賀会に参加しました。多くの来賓と学校関係者、4,5年生の児童の参加の元に行われました。現在の児童数は438名だそうです。皆さんの挨拶の中に「自然に恵まれた環境」と言う言葉が良く出てきました。学校は、八国山緑地のふもとにあり、田んぼの一部を地主の好意で買収し昭和52年に開校したとの事。昭和52年と言いますと私が学校を卒業した年だと思いました。毎年、勤労学習として稲作、もち米を生産しているとの事。田植えから収穫までを行い、また北山祭で出来たもち米を餅つきしていただくとの事。一貫作業を年間を通して行っていることは話には聞いていましたが素晴らしい他では体験できないことで恵まれていると思いました。学校の中に雑木林がありその下できのこの栽培も行っています。またウサギ、にわとりも飼育しています。校庭の外は、田んぼと北山公園、菖蒲園があります。今度縄文体験館の近くに出来ます。まさに自然と歴史、文化に恵まれています。このような環境の下ですくすくと子供には育っていただきたいと思います。校庭が狭いのが子供たちにはかわいそうだなと思いますがこの自然のもとでゆるしていただきたいと思います。30周年おめでとう御座いました。

もう一つ地元の方が交通関連の受賞をされたお祝いがありましたので参加しました。警察署長を始め交通安全連合会会長、交通安全協会会長等多くの参加者がありました。永年に渡り安全協会に携わり現役の本部役員で御座います。ボランティアですので本当に頭がさがります。また神社、商工振興会の長もされている方なので人望もあり尊敬するところでもあります。これからのさらなるご発展、ご活躍を祈念いたします。

今日は、青少年健全育成大会が13時30分から中央公民館で開催されます。第26回となります中学生の主張大会が楽しみです。夜は、歌謡ショーに女房と二人で行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

北山小学校30周年

「ブログのアクセス数を増やすお手伝いをさせていただきます。」との業者からの連絡が以前よりあり気乗りはしていなかったのですが話を聞かせていただきました。ホームページやブログの業者で動画等も安く入れるとかの営業でした。お断りしました。無意味に華やかにする必要がないと思っていますから。

昨日、後援会役員の方のご母堂様の葬儀の手伝いをさせていただきました。安全協会の制服を着ての交通整理です。地元の徳蔵寺で葬儀が行われましたが駐車場が広いために特別に混乱もありません。お通夜には、多くの方が参列されますが告別式には、参列者が少ないと言うのはもう大分以前からのことです。私が、中学生(昭和45年)の頃は、まだ土葬でした。告別式の参列者も多く、かど送り(参列はしないが最期の見送り?)などをしたものであった。今は、お通夜に参列できないために告別式に参列するくらいなものだ。久しいときには両方に参列することも当然ある。時代と共に変わるのは仕方がないことであると思います。しかし私には、理解できないことが今起きているのです。無宗教ですからと言って病院で亡くなられた方を安置場に置かせていただきそのまま火葬して終わってしまうとの事。月に何度もあるとの事。でも中でも気の効いた人はお花を手向けるとの事。お花もあげない人もいるのだとまたも驚き。最近は、生前葬とやらもあると聞く。もう生前葬を済ませているからと火葬するだけで終わる。もう理解できない世界である。

今日は、北山小学校の30周年の式典が午後行われる。化成小学校の130周年の式典の実行委員をしていた関係で携わった先生方、役員の皆さんのご苦労が手にとって見えるような気がします。ご苦労様でした目に見えない部分のご苦労、ご努力をも見てきたいと思います。夕方からは、祝賀会があります。両方に参加させていただきます。しかし今日は、夕方からお祝いの会が地元でもう一つありますので途中で失礼させていただきます。天気が持てばよいのですが、心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

勉強会

昨日は、niftyのメンテナンスのためブログを配信出来ませんでした。朝起きてメンテナンス中と画面に出たのでガッカリ、前もって連絡が入っていたのに忘れていました。ところで13日ですが7月から企画していた議員の勉強会の第一回目を開くことが出来ました。個人的な都合もあり実現できなかったのですが開催できました。待ちに待ったところでありましたので胸を膨らませての勉強会になりました。思った以上の成果を上げることが出来ました。まず第一回目は、都市整備部にお世話になりました。都市整備部長を始め都市計画課、市街地整備課、再開発担当、みどりと公園課、道路・交通課、道路補修課、下水道課、水道課の8課9名の参加を得ての勉強会になりました。何を勉強したら何を質問したら良いのかすら分からない状態での勉強会でしたが分かり易く丁寧な講義に感謝しております。今まで市民の目で役所、行政を眺めていました。議員になり勉強させていただき聞きにくいこと聞けないこと基本的なことも新人という特権で恥じずに聞かせていただきました。各課の説明を聞き全て納得できた。実情を把握しないで物事を話す物ではないと自覚し恥ずかしく思いました。東村山駅西口開発は昭和37年、府中街道のバイパスは昭和36年に議会で承認されるも今頃になって着工したりまだ着工できなかったりといった状況ですが事情を聞けば理解できる。学校建設等に追われていたとの事。確かに想えば昭和39年(1964年)が東京オリンピックですから景気が良くなり高度成長が始まる時代背景があり、所得倍増計画もこの頃ではなかったのかと理解していますが人口増加の波があり学校等の施設の建設に追われていた時代があったとの事。確かにこの頃は中学校は2校目(第二中学校)が出来たばかり今は第七中学校まであります。小学校に関しては、秋津小学校が分校から小学校になった時期です。低学年は秋津分校に、高学年は化成小学校に通学していた時代です。当然久米川、久米川東、青葉、野火止小学校と殆どの小学校がない時代でありました。そもそも東村山町から東村山市に変わった頃です。基盤整備が大変だったことと理解しています。そのような時代には、学校整備、道路整備等の基盤整備が大変だった時代だったのでしょう。理解できます。府中街道のバイパスはこれから動きがあると思います。私が疑問に思っていたことを質問させていただき理解できましたのでスッキリしました。また水道事業は、後数年で都に管理が移管されるとの事。私道を市道に変更する場合の条件、条例等の勉強もさせていただきました。これからいろいろな場面で生かして行きたいと考えています。また後援者はもとより市民の方々にいかに行政を理解していただくかは議員活動の一環と私は考えていますので事あることに皆さんに説明していこうと考えています。この後次長にも参加いただき行政から10名の参加をいただき座談会を開かせていただき有意義な時間を過ごさせていただきました。心より感謝申し上げます。有難う御座いました。次回は、市民部の勉強会を予定させていただいています。日程は調整中です。

昨日は、夕方から会派会議がもたれました。一時間程で終了しました。その後お通夜があり参列。今日は、告別式に参列し、午後役所に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

委員会

昨日は、厚生委員会が10時から12時まで行われました。2時間と思いましたが2時間で終わりました。と言うのは、いつも倍以上の時間をかけて委員会をしているものですから、そう思いました。傍聴人が10名くらい居られました。審議内容は、1)、障害者自立支援法による福祉・医療・補装具などの利用料に軽減措置を求める請願。2)、平成20年度保育関係予算に関する請願。3)、乳幼児医療費助成制度の拡充に関する請願。の3本です。それぞれ審議中の案件であり所管からの資料提出、内容説明で資料に対する質問で終わりました。資料は、いつもいろいろと拝見させていただいていますが所管の作る資料は、見やすい事には感心する。棒グラフ、折れ線グラフを交えての資料となっている。資料作りの専門化がどこの課にもいるのではないかと感心するくらいである。内容、障害者在宅ヘルパー利用状況。居宅介護利用者と時間平成17年7月88人1751,5h、19年7月130人1966h。重度訪問介護利用者17年7月44人6176h、19年7月49人7619,5h。移動支援利用者17年7月73人659h、19年7月63人665,5h。短期入所利用者17年7月19人221日、19年7月28人266日。ヘルパー等歳出金額合計17年7月2123万円、19年7月2496万円。また市内保育園の15年度から18年度までの補助金の一覧も提出されました。また年齢別児童数、職員配置数。人件費、事務費、事業費一覧等資料も提出されました。全般的にシステムが良くできていると思いましたのでコメントはありません。

夜は、前市議会議員の清水雅美さんの後援会解散式に参加しました。5期20年に及ぶご活躍に40名を超える方が参加し行われました。市長、都議会議員にも参加をいただきました。20年を短時間で語るのは、難しいものがありますがご苦労された方だけに感無量だったと思います。苦労された方は、思い出がたくさんあります。良いことはすぐに忘れてしまいますが、苦労したことは、逆に良い思い出としていつまでも鮮明に覚えている物です。今後のご活躍を祈念いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

昨日

昨日は、朝9時に諏訪神社に集まり山車引き、安協の人員が欲しいと言うことで安協で参加。10時から東村山サミット(うどんの講演、パネルディスカッション)に参加、このうどんの企画は、商工会青年部、青年会議所、JAの青年部が主催で行われましたがうどんでまちおこしをしようと言うことは良いことだと思います。是非ともこれを追求し成果を挙げていただきたいと思います。その後ロータリークラブを始め各ブースを見学、その後中央公民館の保育展と民謡の市民大会に式典に参加(表彰式に参加し終わってしまいました)その後3時からダンス連盟のパーティーの手伝い4時開場に参加(プロの渡部組を講師に迎えてのレクチャーとダンスタイム)250名の参加があったとの事。その後お通夜に参列、またダンスに戻り8時に終了し後片付け8時40分頃に終わり慰労会、12時まで行いましたが途中疲れて居眠りが出ました。忙しい一日でした。

今日は、厚生委員会が10時から開かれます。内容は、明日にでも書きます。今日は、これで失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

報告

今日は、あいにくの雨になってしまいました。産業祭の人出が心配です。多くの方がこの日のためにご尽力いただいたのですからどうにか晴れて欲しい。各地域、神社から繰り出される山車もこの雨のために心配です。中止にならなければ良いが、しかし山車は、神社の財産であります、大切な物ですから、実行委員会のご判断にお任せします。今日は、終日、諏訪神社の山車引きに始まり、産業まつり、どんこい祭、保育展、民謡大会、ダンス、打ち上げと走り回ります。途中で青年会議所時代の同期卒業の友達のお父さんがご逝去されましたのでお通夜に参列いたします。忙しい一日になりそうです。

昨日は、終日、本山参りで終わりました。私は、宗派を問わずお寺が好きです。京都にも学生時代から良く行きました。名のある寺院は、殆ど参拝したと思います。1月の極寒の京都で朝早くから座禅を組んだこともありました。警策(きょうさく)は、叩かれるといい音がしますが実際には痛くないものと思い込んでいましたが、痛かったのを覚えています。警策は、睡魔におそわれたり、心が乱れたりするときに自ら受ける方法と、姿勢が悪かったり眠っていたりする人に直堂の方から入れる方法があります。どちらの場合も、右肩を軽く打って予告されます。その時に、合掌して左下に首を下げ右肩をあけます。終わったら合唱のまま頭を下げお礼をしました。しかし、私がいただいたのは、お土産に一つと言われいれていただきました。こんなのもあるのだと思いました。前もって教えを受けての座禅でしたが、基本は、装身具、時計などはつけない。靴下や足袋ははかない。堂内を歩くときは、両手を前で叉手に組む。聖僧様の前を横切らない。座ったときは、隣の人に合わせ一列になると言うことです。また機会があったら組んで見たいと思います。

昨日、行きましたのは、藤沢にあります 時宗 総本山 清浄光寺(遊行寺)です。年に一度関東学生箱根駅伝の時に心臓破りの遊行寺坂でで放送、放映されますのでこのときだけは有名になります。遊行上人(時宗のトップ)が巡り歩かれるところ、必ず護賦算(ごふさん)があります。賦は「配る」、算は「ふだ」です。ようはお札配りです。念仏を称えれば、阿弥陀仏の本願の舟に乗じて極楽浄土に往生できるとの安心のお札とのことです。私も上人から直接お札をいただきましたので一安心です。そんなに甘くないかな。このようなことで終日楽しんできました。報告だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

本日、産業まつり開催

昨日、諏訪町商工振興会の役員会が開かれました。お中元セールの報告、産業祭の事、臨時総会兼慰労会兼忘年会を12月15日に行うとの事、1月最終日曜日に初詣を行うとの事等々が決まりました。もう初詣の話が出る時期なのですね。

この間、諏訪町のメイン通りの照度検査をしていただき街路灯を付け替えていただいたのですが折角の街路灯なのですが障害者の作業所の木でさえぎられて暗いとの事、切れないだろうかとの要望がありましたので調整して切らせていただこうと思います。また雨が降ると道路上を雨水が流れその雨水が橋を渡って低い地域に雨水が溜まってしまう場所があるのですが橋の手前にU字溝を埋め込み対策とするのですが橋の両は端が民地のために流せなく地下の雨水管に流すとの事、調整して直接川に流せるようにしようと思います。

昨日、緑地審議会が開かれました。この審議会に検討していただくことになっている、緑地保全地区のことについて後日内容を聞きに行こうと思います。その結果をまた書きますが地元の方にも報告に行こうと思います。

今日は、家の菩提寺(川越市、十念寺)の本山(神奈川県藤沢市、遊行寺)にお寺の企画で行ってきます。内容については後日書かせていただきます。6時に出ようとおもいます。今日は、産業まつりです。天気が心配です。どうか晴れて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

市民産業まつり

昨日、役所に行ったが駐車場が使えず臨時駐車場に止めました。10日(土)11日(日)は「第46回市民産業まつり」が市役所駐車場で開催される。準備のためです。2日間は使えないものとは思っていたが準備があるから使えなくなるのは当たり前ですね。産業まつりには、以前からかかわってきました。青年会議所、商工会、ロータリークラブと出店してきました。小雨でも降ろうものなら客足は激減します。どうにか天気になっていただきたい。祈る気持ちです。今回もそれぞれの団体が出店するので楽しみです。ロータリークラブは、他の出店と販売物がかち合わないようにと北海道の物産を格安で販売します。同時にロータリークラブのPRと対人地雷除去のキャンペーンをここ数年行っていますので募金活動を行います。お立ち寄りください。地雷は数百円で購入されますが撤去にはその何倍ものお金がかかります。犠牲者は、子供が多いことが悲惨です。いまどき地雷が撤去されてない国があること事態を知らない方が多いと思いますが東南アジア、ミャンマーです。まだ他にもあるかもしれません。ついこの間まで、ポリオ撲滅運動をしていたのですがポリオは殆ど撲滅できたと思います。まだ中国奥地にあると聞いたのが最後でしたがその後は確認していません。募金に協力を。

明日10日は、産業まつりの式典に参加しなくてはならないのですが、お世話になっているお寺で本山に日帰りで行く企画を立てていただいたものでそちらに参加します。本山は、神奈川県藤沢市の遊行寺です。先祖からお世話になり、選挙の時にも住職が事務所に来てくれたりしてくれましたのでお付き合いを大切にしたいと思います。

11日(日)は、諏訪神社に集まり山車を産業まつり会場まで運びます。その後10時から中央公民館で第20回保育展を見学、10時30分から第44回秋季民謡大会見学、10時から第20回東村山サミットに参加(天王森公園、市役所の隣)16時からダンス連盟のパーティーに参加、順番はともあれ参加したいと思います。合い間をみてロータリークラブ、青年会議所、商工会工業部会、その他のブースを見学手伝いたいと考えています。

市の行事です。多くの方のご来場を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

東村山市の財産

昨日は、午後に役所、商工会に行き東村山の観光について調べさせていただきました。観光については、以前より両者でされているのは理解しています。菖蒲まつり、地蔵まつり、産業まつり等を行っています。また豊島酒造さんの酒蔵の一般公開も有名です。このような事業をもっとPRし観光化出来ないのか調べています。国宝の正福寺の千体地蔵堂、徳蔵寺の板碑、八国山緑地、ふるさと歴史館、これから建設する縄文体験館、ライシャワー記念館(明治学院の中に移築して保存されています)、まだまだ観光資源はたくさんあります。食では、うどんを始めとする里に八国の数々、これらをリンクして観光に使えないか調べています。この間、開催されたウォークラリーなども市内のみでなく観光スポットを廻るようなコースを作り市外の参加者も集めるように出来ればと思います。そのためには観光対策、方向性、理念、組織を再度見直しまちづくり、まちおこしの起爆剤にすべきだと考えます。西口が完成したら名物の「うどん街」でも出来れば東村山のPRにでもなるかな、とも考えます。このような思い付きではなく真剣に考える機関が今の東村山には必要だと思います。今後は、この方面の調査を継続して行いたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

視察

5日、6日と厚生委員会の視察に行きました。5日は尾道の「御調(みつぎ)病院」、6日は岡崎の「学区こどもの家」の視察でした。厚生委員会の構成は、女性議員4名、男性議員2名の計6名、事務局が同行してくれましたので7名の視察です。出来れば担当所管の参加もいただきたかったくらいです。今後は検討すべきではないかと思います。状況によって委員会から要請すべきだと思います。細かい内容につきましては後日書かせていただきます。5日東京発8時33分ののぞみで向い岡山で乗り換え新尾道に1時30分から5時まで視察、翌日尾道から福山に出て新幹線で名古屋に名古屋で乗り換え東岡崎入りしました。岡山(乗換駅)、尾道、福山(乗換駅)、名古屋(乗換駅)、岡崎この地名を見て共通点があるのですが分かりますか。面白いことに全ての町に「お城」があるのですね。遠くからお城を眺めながらの視察でした。みつぎ病院については、退院された方が年月が経つと寝たきりになってしまう人が多い現状を見て寝たきり0を目指し組織をつくったとのことです。病院の中に役所の担当所管を併設していて病院で役所の手続きが全て出来るようになっていました。国保、保険、社会福祉協議会と役所の窓口が病院の中にある。またリハビリ、デイサービス、老人ホーム、作業所、ホスピタル、グループホーム、24時間体制の訪問看護等全てがそろっている。老人医療の頂点を見た感があります。東村山がどのように参考にするのか。問題である。事業がでか過ぎる。地道に進めるしかない。岡崎の学区こどもの家は、運動施設としてバトミントンコートが3面取れるほどの体育館を備えていた。市内にこどもの家は、42箇所あるらしいが全てが体育館を備えているわけではないのであろうが規模が違うと思う。体育館は、午前中空いているとき、夜6時から10時までは大人の団体が無料で使用できる。岡崎市は、人口37万人の都市で財政も豊なのでしょう。建設中の体育館等もバスから見学しましたが規模が違います。そうばかりは言ってられませんので東村山市のまちづくりを真剣に考えていこうと再度確認させられたことは大きな意義があったと思います。やはり東村山が一番良いですと市民の方から多く出るように頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

お休みさせていただきます。

5日、6日と厚生委員会の視察に行ってきます。5日広島県尾道市、6日愛知県岡崎氏です。強行スケジュールですがしっかりと勉強して来たいと思います。二日間お休みさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

細渕前市長叙勲

3日(祝)、あちこちで催しが行われたと思います。11月3日は晴れの得意日だそうです。10月10日もそうでしたね。催しものを企画するにはもってこいの日ですね。昨日は、みどりの祭典、市民文化祭、すこやかフォーラム、地蔵まつりが行われました。みどりの祭典は、東村山第二中学校の「すこやかフォーラム」と時間が同じでしたので欠席しすこやかフォーラムに参加しました。中学生が企画、運営しているとのことでした。しっかりとした挨拶とグループ会議の取りまとめには驚きました。3つのグループに分かれたのですが私たちのグループは、1年生が座長を務め進行していただきました。6、7ヶ月前まで、この子は、ランドセルを背負っていたのかと変に感心しました。題材は、「人との係わりについて」「インターネット、メール」についてでした。活発な意見が出されました。人との係わりについては、親との言い合い、兄弟げんか、友達とのいざこざについてです。親との言い合いについては、勉強しなさいとうるさく言われる、お手伝いをしなさいと言われる、今やろうと思っているのに先に言われてしまうとのこと。どこにもある可愛い悩みであるが子どもにとっては、真剣な悩みなのです。兄弟げんかについては、一人っ子で私には分からないと言う回答も飛び出した。双子でいつも親に比べられる。同じテストをしているので比べ易いためにいつも比較され、兄弟仲もギクシャクするとのこと。大人にも責任がありそうだ。あまり子ども扱いしないほうがよさそうだ。私たちの子供の時と比較して物事を考えていますが今の子どもは、昔とは考えも行動も違い大人になっている。甘く見ると反発されそうだ。反抗期(自立の第一歩)が早まっているのではないでしょうか。お互いに気をつけて対応いましょう。メールについて携帯電話を持っていない子もいましたが、持っている子の方が多そうです。メールは、便利なのですが、ときたま危ないメールが入ると話した子もいました。対応としては、アドレスを変えるとのこと。結論としては、基本的には顔と顔を合わせての会話が一番だとの結論に達しました。メールでは、気持ち、感情、表情が伝わらないとの結論です。いい勉強をさせていただきました。有難う御座いました。来年もまたお伺いしたいと思います。一人でも多くの生徒さんに参加していただけるように務めてください。

地蔵まつりは、好評でした。多くの方が来られていました。国宝の建造物である千体地蔵堂の内部が公開されていました。今年は、建設されてから600年に当たるとのことです。記念すべき年なのですね。私も650年目には、参加できないだろうなと思います。地元の方だと思いますが露店がたくさん出ていました。消防団の協力していました。またこの地蔵まつりを最初に企画し実施した青年会議所の面々も活躍されていました。皆さんご苦労様でした。また観光名所が増えたと実感しました。

東村山市民文化祭が中央公民館で開催されています。見学させていただきました。皆さん趣味でされているとは、思えないくらいの作品が並んでいました。いけばなを見学させていただいたときに、認知症の方が活けられた作品があるのですよ、どれだか分かりますと聞かれたが、どれも素晴らしく分かりませんでした。あえて聞く必要もないので確かめることはしませんでした。素晴らしい作品が展示されています。時間が取れる方は、是非ご覧になって下さい。

朗報です。前東村山市長の細渕一男氏が叙勲を受けました。旭日小綬章です。3日の朝刊の受賞者の一番先頭にこの賞が書かれていましたので格が上なのでしょう。3期12年の評価は、言うまでもなく高いものでありますが国からの高い評価をいただきましたことは、市民にとって大変、栄誉なことであり喜ばしいことだと思います。益々のご健勝とご活躍を祈念申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

昨日、今日

昨日は、20年度予算に対する要望書を市長に提出しました。予算を組み始めたが厳しいとのこと。もう一度、市の事業を全て検証し見直しを図れる物は見直すとのこと。東村山駅西口、市役所周辺の北ブロック、久米川駅北口開発が終わり早く落ち着き税収が増えることに大きな期待をするところです。これは生産、加工工場のことですが、投資を止めたところは、必ず全てが縮小し廃業へと追い込まれる。「キリギリスと蟻」の話があるが、まさしく物語っている。誰も好んで借金をしたくはない。自分の工場でも精密機械が並んでいるが、人件費が高い今日、一人で10人分位の仕事量はこなしている。しかし収入は、と言うと話は別だ。しかし機械がないところは、同じ単価で加工することになる。到底人件費に食われ利益が上がらず、廃業を余儀なくされる。やはり市も同じだと思う。投資を行う市と言い方は悪いが、現状維持の市が将来的に同じ訳がない。前市長は良くここまで踏み切れたと感心する。感謝するに等しい。会の役職を受けて改革をする人と現状を維持しようとする人の二手に分かれるが、全て完全な物はないと思う。やはり見直してみる価値はある。しかし中には見直しているうちに元に戻ることがある。現状が良く出来ているということだ。これはこれで検討結果に満足のいくものであります。感心しておわる。市長が話された事業をもう一度、点検、見直すことには賛成である。一度決めた事業でも定期的に全て点検すべきである。車の車検では無いが必要なことだ。

昨晩は、アルゼンチンタンゴのショーを観に行きました。杉本 彩さんのダンスショーで品川プリンスホテルで行われました。素晴らしかった。ダンスをしているがチョット肌が違う、踊りが違う、全てが違う感がある。私たちが踊るタンゴとは、まったく異にした物です。タンゴとアルゼンチンタンゴとは、違うと言う話は聞いていましたがこれ程違うとは思いませんでした。タンゴは、相手を見つめて踊るものではなく逆に顔を背けて踊ります。それに体の一部は軽く触れますが、アルゼンチンタンゴは、殆ど見つめ合って踊ります、しかも体をべったりつけるような感じ、表現が悪いかもしれませんが。ダンスの競技会は、スタンダードとラテンに分かれますが、タンゴはスタンダードになります。そのスタンダードに出場はしていますが、まだ級は取れない私がタンゴについて話すのは10年早いと思いますのでやめます。ショーとしては良かったと思います。踊れないのに知識だけが先行する感があります。

今日は、9時30分から東村山第2中学校ですこやかフォーラムがあります。中学生との意見交換会です。楽しみです。中学生は、純粋ですので一つの意見でその子、生徒が大きく変わることがあると思いますので慎重に対応しようと思います。その点、大人の方と話すより緊張します。でも楽しみです。何を話してくるのかな。

今日は、正福寺の地蔵祭りです。昨年は、青年会議所がアドマチック天国を誘致したときにPRしたために人出が非常に多かったと聞いています。今年も皆さんで行きましょう。地域の行事を盛り上げてください。

その後は、来週5日(月)6日(火)厚生委員会の視察のため参考資料を読んだり勉強をしておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

商店

大型店舗に歯止めは出来ないのでしょうか。私が聞くのではなく、聞かれるほうなのかもしれませんが。それとコンビニですね。大型店舗の進出により昔ながらの老舗、お店が大きな打撃を受けています。改めて話すことではないかもしれません。地元で購入できる物は、地元で購入するような運動展開をすべきだと思います。地域住民の意識の問題だから難しいと思いますが。いろいろと勉強のために視察に行ったりしますが、大型店舗に勝った事例、共存している事例もあると思うのですが、このような視察、勉強をしたい物です。商工会、産業課、商店が協力し合い得策を考えて欲しい。商店街などの活動は、活発にされているのだろうか。商店街の会合などに商工会等の担当の出席をいただき協力いただいたほうが良いのではないでしょうか。調べれば市、都の補助が受けられる事業があり見過ごしている部分が多々あるのではないかとも思う。西武園駅近くに「いなげや」ができ多摩湖町の商店は、大きな打撃を受けています。また恩多町に「ヨークマート」ができ青葉町商店街が打撃を受けているのでしょう。東村山が大型店の食い物にされているように思われて仕方がない。やはりこの辺で歯止めを真剣に考える時期に来ていると思います。何の代案も持てずに意見、書くことは失礼だと思いますが書きました。あとコンビニですが、知り合いからコンビニを始めたいのですがと相談されたことがありました。内容を聞くと説明会があり参加したとのこと。大勢の参加者があったと聞かされました。やめた方がいいと話しました。大勢の方が説明会に毎回参加されているということは、その何割かが出店したにしろ廃業しない限りコンビニだらけになってしまう。現実にコンビニは、廃業が多い。皆さん大きな借金を抱えての廃業になるので大変なことだ。1店舗で成功しようと思うのは無理がある。コンビニを真剣に考えるなら数店舗をある程度同時に持つような計画で当たらないと難しい。この世界も薄利多売である。1店舗で利益を上げられれば2店舗持つ人は、笑いが止まらない。そんなに甘くない。コンビニで成功する人は、数店舗持っている。このことを忘れないで欲しい。商売をしている人は、命がけで仕事をしているので皆さんに儲けていただきたい、これをお伝えしたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

技術

幕張メッセで自動車ショーが行われているが、今日の車の生産ラインを見学してみたい。車の生産は、生産技術の最先端を走っていると思うからです。私は、昭和52年(1977年)から昭和57年(1982年)まで車の部品メーカーで働いていた。営業でしたのでラインを見る機会もあった。私の生産ラインのイメージは、約30年間止まったままだ。エンジン工場を最後に見学したが、納品は、専用コンベアーに載せるだけでバーコードをセンサーが読み込み自動検収し検収書を確認し納品は終わる。納品時間は、時間指定があり日に2回程同じラインに納品があった記憶がある。納品された部品は、バーコードで自動倉庫に一時保管される。必要な時に自動倉庫からロボットでラインに供給されるシステムでした。懐かしい気もするが昔の話だ。今のラインは、どうなっているのだろうか。車の設計についても同じことが言える。新車の設計であるが、私の勤めていたころは、設計が出来ると設計段階で組み立てが行われ、第一工試(工場試作)、第2工試、第一生試(生産試作)、第2生試とありこの後量産となる。時間的には2年位かかっていたが今はどのくらいで新車が出来るのだろうか。トヨタなどは市場反応をみて売れ行きが悪いと一年しないうちにモデルチェンジをしてしまう。他社で人気がある車が発売されると一年くらいで似たような車を販売している。どう見ても1年あれば量産になりそうである。設計も20年以上前からであるがバーチャルで設計するために立体的に設計するために試作から本型で作ると聞いたことがある。昔は、手作りでつくり不具合部分を設計変更するために設計変更が多かった。他部品と緩衝したりスペース的なものがあったりで変更が多かった。今は、試作段階から本型と言うことは、このようなことはありえないということだ。世の中進んでいるのに何か取り残されている気がする。勉強不足であることは確かだ。車の部品の加工も大分しているのに恥ずかしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »